JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

2001マーズ・オデッセイ

シェア

関連情報

分類:月・惑星探査

名称:2001マーズ・オデッセイ(旧名マーズ・サーべイヤー2001オービタ)
小分類:火星探査
開発機関・会社:アメリカ航空宇宙局(NASA)
運用機関・会社:アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げ年月日:2001年4月8日
打ち上げ国名:アメリカ
打ち上げロケット:デルタII
打ち上げ場所:ケネディ宇宙センター

2001マーズ・オデッセイは、2001年にNASAが打ち上げを行なった最初の火星探査ミッションです。2001年10月24日に火星に到着し、 大気抵抗を利用する「エアロブレーキング」で減速して2002年1月に火星周回軌道にのり、2月から観測を始めました。ガンマ線分光計による観測で、火星の南極と北極を覆う二酸化炭素の氷(ドライアイス)の下に大量の水が存在していることを示すデータが得られました。また、南極地域の地表から約1m下に、米国の大きな湖であるミシガン湖の水量と同じくらいの氷が存在することを示すデータも得ています。しかし、 それ以外の火星地表はとても乾燥した状態にあることが観測によってわかりました。「マーズ・グローバル・サーベイヤー」や「マーズ・ローバー」のデータを地球に送信する中継衛星としての役割も果たし、第1次ミッションを終えたマーズ・オデッセイですが、引き続き2006年9月までの第2次ミッションを行なっています。

1.どんな形をして、どんな性能を持っているの?
本体は長さ2.2m、高さ1.7m、幅2.6mの箱形で、重さは725kgです。 本体には太陽電池パネルとパラボラアンテナが付いており、先端からガンマ線分光計のアームが伸びています。 搭載された計測機器は、地表の鉱物や水素を探査するガンマ線分光計(GRS)や熱放射撮像カメラ(THEMIS)の他、火星が帯びている放射能を計測する火星放射線環境測定器(MARIE)などです。

2.どんな目的に使用されたの?
地表の組成や浅い地層の水素を調査することにより、火星に水がある証拠を発見するのに使用されました。 また、いつか有人探査を行なうときのための調査として、火星にある人体に有害な放射線の量を測定しました。

3.宇宙でどんなことをし、今はどうなっているの?
2001年11月2日から火星地表面の赤外線写真などの試験撮影を開始し、2002年2月から火星周回軌道上で本格的な火星のマッピングを開始しました。1枚で20km四方の火星表面の写真を火星全域にわたって15,000枚以上撮影します。

4.打ち上げ・飛行の順序はどうなっているの?
2001年4月7日にケープ・カナベラルからデルタIIロケットにより打ち上げられ、6カ月後の10月24日に火星軌道に到着しました。その後は火星大気によって減速する「エアロブレーキング」という方法で火星周回軌道に乗り、2002年1月に火星上空110kmの円軌道にのりました。

5.このほかに、同じシリーズでどんな機種があるの?
同じく火星周回軌道上から火星探査を行なうものとしては、NASAマーズ・グローバル・サーベイヤー(MGS)」、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の「のぞみ」、欧州宇宙機関(ESA)の「マーズ・エクスプレス」があります。