JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

あかつき

シェア

関連情報

分類:惑星探査

名称:金星探査機「あかつき」(PLANET-C)
小分類:金星探査
開発機関・会社:宇宙航空研究開発機構(JAXA
運用機関・会社:宇宙航空研究開発機構(JAXA
打ち上げ国名・機関:日本/宇宙航空研究開発機構(JAXA
打ち上げ年月日:2010年5月21日
打ち上げロケットH-IIAロケット
打ち上げ場所:種子島宇宙センター

金星探査機「あかつき」は火星探査機「のぞみ」に続く、日本の惑星探査計画です。「地球の双子星」と言われるお隣の惑星、金星の大気の謎を解き明かすことを目的にしています。

金星は一番星、あるいは「明けの明星」「宵の明星」として親しまれ、地球と大きさがよく似ていますが、その環境は地球と大きく異なっています。高温の二酸化炭素の大気が太陽エネルギーを閉じこめて温暖化を引き起こしているために灼熱地獄となり、硫酸の雲が浮かんでいます。なぜ金星地球とまったく異なる環境になったかの原因を探れば、地球環境の成り立ちや気候変動を解明する手がかりが得られるでしょう。

また、金星は243日かけて西向きに自転していますが、大気は毎秒100mにも達する「スーパーローテーション」と呼ばれる暴風が吹いています。自転速度の60倍にも及ぶ風は金星最大の謎と言われています。この謎に迫る手がかりを得ることも、「あかつき」の使命のひとつです。

「あかつき」は、2010年12月7日に金星を周回する軌道への投入を試みたものの、軌道制御用の主エンジンが故障し投入に失敗しました。しかし、約5年後の2015年12月7日、姿勢制御用エンジンの噴射による金星周回軌道への投入に成功し、2016年4月から定常観測に移行しています。

1. どんな形をして、どんな性能を持っているの?
本体は、約1.0m×1.5m×1.4mの立方体(太陽電池パドルを除く)で、打ち上げ時の質量は約500kmです。厚い雲を通して地表面まで観測する高分解能の赤外線カメラ、雷放電の発光を高速でとらえるセンサ、高速の雲を見るカメラ、厚い大気を突き抜ける電波などを用いて、金星全体の気象現象や地表面を調べ、金星から宇宙空間へと逃げ出す大気の観測、雲のクローズアップ撮影も行います。まだ見ぬ活火山の発見や、鉱物の分布を知ることも期待されています。

2. どんな目的に使用されるの?
金星を周回する軌道に乗り、各種の観測機器で金星を詳細に観測します。

3. 宇宙でどんなことをし、今はどうなってるの?
2016年10月現在、金星を10日間程度で周回する楕円軌道上で定常観測を続けています。

4. 打ち上げ・飛行の順序はどうなってるの?
「あかつき」は、2010年5月21日にH-IIAロケットにより打ち上げられました。この際には、小型ソーラー電力セイル実証機「イカロス」なども併せて打ち上げられました。

その後、順調に金星へ向けて飛行を続け、同年12月7日、「あかつき」を金星周回軌道へ乗せるために軌道制御エンジン(OME)の逆噴射を実施しました。しかしこの際、エンジン噴射がトラブルにより中断された結果、充分な減速が得られず、金星周回軌道への投入は失敗に終わりました。その後の調査により、OMEはもはや機能しなくなっていることが確認されました。

しかし幸いなことに、姿勢制御用エンジン(RCS)については正常に機能していることが確認されました。残念ながらRCSはOMEに比べて推力が弱いため、当初予定していた30時間周期の金星周回軌道に投入することはできませんが、数日から1週間程度の周期の周回軌道であれば、乗せることが可能であることが分かりました。

2015年12月7日、姿勢制御用エンジンの噴射による金星周回軌道への投入に挑戦し、成功しました。
その後、軌道修正や観測機器の機能確認、初期観測を経て、現在は、金星を10日間程度で周回する楕円軌道上で定常観測を続けています。

詳しくはあかつき特設ページへ

2016/10/25更新