JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

あけぼの

シェア

関連情報

分類:人工衛星

名称:オーロラ観測衛星「あけぼの」/EXOS-D(Exospheric Satellite-D)
小分類:科学衛星
開発機関・会社:宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
運用機関・会社:宇宙航空研究開発機構(JAXA)
打ち上げ年月日:1989年2月22日
打ち上げ国名・機関:日本/宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
打ち上げロケット:M-3SII
打ち上げ場所:鹿児島宇宙空間観測所(KSC)
国際標識番号:1989016A

「あけぼ」のは「きょっこう」、「じきけん」に続き、3番目に打ち上げられた磁気圏観測衛星です。オーロラに関連した磁気圏の物理現象(オーロラ粒子の加速のメカニズムとオーロラ発光現象の観測)の解明を目的に開発されました。この目的のために、電場計測器(EFD)、磁場計測器(MGF)、プラズマ粒子計測器(TED、LEP、SMS)、プラズマ波動計測器(PWS、VLF)、オーロラ撮像装置(ATV)の観測器、放射線モニター(RDM)をのせています。プラズマ計測器のひとつ、SMSはカナダとの共同研究の一環として、カナダで製作されました。

1.どんな形をして、どんな性能を持っているの?

あけぼの外観図
あけぼの外観図

8角柱の箱に、4方に伸ばした翼のような太陽電池パドルと、長いアンテナやマストがとりつけられたような格好をしています。アンテナは30mのワイヤーアンテナで、電場や波動を計測します。5mと3mの伸展マスト、ループアンテナは、磁場計測器などのセンサを衛星本体から離すために長くなっています。衛星本体の大きさは、対辺126m、高さ1m。太陽電池パドルは0.68m×1.21mです。重量は295.4kgです。

2.どんな目的に使用されるの?
「あけぼの」は、極域の磁気圏での電気的現象の研究を目的としています。最も重点をおいている観測領域は、両極上空5000~1万kmで、この領域でオーロラの発光を起こす電子は、エネルギーを得て磁場に沿って大気の上層まで降り注いでいます。「あけぼの」はこの領域を通過しながら電場、磁場、電子、イオン、プラズマ波動の計測をするとともに、オーロラが変化する状態の撮影などを行ないました。

3.宇宙でどんなことをし、今はどうなっているの?
観測データの質は良好で、海外受信点(南極昭和基地、カナダ・プリンスアルバート、スウェーデン・エスレンジ)から大量のデータを得ることができました。

4.このほかに、同じシリーズでどんな機種があるの?
同じ文部省(現 文部科学省)宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))の磁気圏観測衛星としては、「きょっこう」、「じきけん」、「おおぞら」があります。

5.どのように地球を回るの?
高度10,471kmから272km、傾斜角75度の長楕円軌道です。