JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

アンドロメダ座大銀河

シェア

関連情報

230万光年の彼方にある「アンドロメダ座大銀河

秋の星座の代表格であるアンドロメダ座大銀河は、私たちの銀河系と同じような渦巻き型の銀河です。見かけの大きさは、満月を横に5~6個ほど並べた大きさに匹敵し、実際の大きさ(光で見えている範囲)は直径約10万光年になります。最近の観測結果によれば、アンドロメダ座大銀河はさらに外側まで広がっていて直径は20万光年以上あるとも言われています。銀河系からは230万光年はなれています。ちなみに230万光年という距離は、230万年前に出発したアンドロメダ銀河の光を、現在地球上で私たちが見ているということを意味しています。このアンドロメダ座大銀河に含まれる星の数は、銀河系の約 2倍と推測されています。

アンドロメダ座大銀河の中心は2重のブラックホール

しかし、最近では研究が進み、銀河系に似ているのは天体写真でおなじみの外側の見かけの姿だけであるということがわかってきました。アンドロメダ座大銀河の特異な性質としては、(1)中心部のガスは少なく、楕円銀河と同じような性質をもつ、(2)中心核は二重中心核(二重ブラックホール)である、(3)中心部にかすかに存在するガスは、銀河面に直角な渦巻きである、などがあげられます。

Double core of Andromeda Galaxy
Double core of Andromeda Galaxy

数十億年前、周囲の伴銀河を引き寄せて合体

これらの性質を総合して考察した結果、現在のアンドロメダ座大銀河は、数十億年前に、その周囲を回る小さな銀河(伴銀河)が重力のはたらきによって中心部に引き寄せられ、ついには数億年前に合体して形成されたものである、というように考えられるようになりました。アンドロメダ座大銀河の2つの中心核のうち、1つは墜落した伴銀河の中心核ではないかといわれています。このようなシナリオはアンドロメダ座大銀河特有なことではなく、ほかにも、宇宙のいたるところで銀河同士の衝突や合体が起きていることが明らかになっています。私たちの銀河系の伴銀河である大マゼラン星雲小マゼラン星雲の2つの星雲も、数十億年のうちには銀河系と合体するのではないかと予測されています。