JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

アポロ・ソユーズテスト計画

シェア

関連情報

米ソの宇宙船が、高度2万kmの大西洋上でドッキング

1950年代の後半から宇宙開発で競争していたアメリカと旧ソ連がはじめて協力した計画が、アポロ宇宙船とソユーズ宇宙船のドッキング計画です。1975年7月17日、地球軌道高度222kmの大西洋上でドッキングに成功しました。アポロ宇宙船にはスタフォード船長以下3名、ソユーズ宇宙船にはレオーノフ船長以下2名が乗り込み、共同実験をおこないました。ドッキング中はアメリカの宇宙飛行士はロシア語を、旧ソ連の宇宙飛行士は英語を使って実験を進めました。

ドッキングに成功し、ハッチごしに対面する米ソの宇宙飛行士
ドッキングに成功し、ハッチごしに対面する米ソの宇宙飛行士

打ち上げ後の3日間、しだいに軌道を合わせていく

1975年7月15日、ソユーズ19号が打ち上げられ、その7時間後にアポロ18号が打ち上げられました。先に打ち上げられたソユーズは高度222kmで地球軌道を周回していました。アポロは高度205kmの地球軌道から少しずつにソユーズの軌道まで高度を上げていき、7月17日にドッキングに成功しました。

アポロ宇宙船の窓から見えるソユーズ宇宙船
アポロ宇宙船の窓から見えるソユーズ宇宙船

専用のドッキング装置で、気圧やガスを調整

アポロ宇宙船とソユーズ宇宙船のドッキングは想像以上にむずかしいものでした。2つの船内の気圧やガスの構成がちがっていたからです。宇宙船内の気圧やガスの構成がちがうと、ドッキングしたときに宇宙船の内壁が破壊される可能性があるからです。そのため、両宇宙船の間にドッキング部をつくり、宇宙飛行士はそこで相手の船内の環境に合わせてから、乗り込むようにくふうしました。

アポロ・ソユーズドッキングの想像図
アポロ・ソユーズドッキングの想像図