JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

アポロ10号

シェア

関連情報

分類:宇宙飛行

名称:アポロ10号(Apollo 10)
小分類:アポロ計画
打ち上げ国名・機関:アメリカ/アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げ年月日:1969年5月18日
帰還年月日:1969年5月26日
打ち上げロケット:サターンV
宇宙飛行士:トーマス・P・スタフォード/ジョン・W・ヤング/ユージン・A・サーナン
飛行時間:192時間3分23秒
国際標識番号:1969043A

アポロ10号では、月着陸のための最終的な飛行テストが本番さながらに行われました。トーマス・P・スタフォードユージン・A・サーナンが月着陸船に乗りこんで、月軌道上をまわりながら「静かの海」の月面から1万4447mのところまで近づいていきました。
司令船に戻る準備をしかけたとき、スイッチの設定ミスから異常事態がおきて、月着陸船は激しい揺れにみまわれましたが、二人の宇宙飛行士のみごとな操縦で大事故をまぬがれました。そのトラブルのおかげで、月着陸船の耐久性と優秀な性能が証明される結果となりました。

1.宇宙船はどんな形をして、どのような性能を持っているの?
アポロ宇宙船は司令船と機械船から構成されています。司令船は円錐形をした居住カプセルで、全長3.23m、底辺の直径3.91m、重量5.56tです。円筒形の機械船は司令船に酸素や電力を供給したり、推進ロケットの役割をする部分です。全長7.37m、直径3.91m、重量23.2tになります。また、月着陸船は全長7m、重量15.1tで、「上昇段」と「降下段」の2段に分かれた構造をしています。月面から離陸するときに切り離され、上昇段だけで飛び立つ仕組みです。

2.ロケットはどんな形をして、どのような性能を持っているの?
サターンVロケットは3段式の液体燃料ロケットで、宇宙船をふくめた全長が111m、重量は2941tです。第1段に推力694tのエンジンが5基、第2段に推力93tのエンジンが5基、第3段に推力93tのエンジンが1基ついています。

3.打ち上げや飛行の順序はどうなっているの?
第1段、第2段の推力で第3段とアポロ宇宙船を地球軌道に乗せ、再点火した第3段のエンジンで宇宙船を月に向かわせます。途中で宇宙船と月着陸船のドッキング作業を行ない、月軌道に乗ったあと着陸船を月に近づけます。地球へ帰るときには着陸船は切り離されます。

4.宇宙飛行の目的は?
月着陸船の最終テストと着陸予定地の確認です。

5.宇宙でどんな活動をし、どのような成果をおさめたの?
月着陸の予行演習を行ない成功させました。

※参考文献:アラン・シェパード,ディーク・スレイトン著/ムーンショット(集英社)、竹内均・監修/Newton Collction II 宇宙開発(教育社)、野田昌宏・編著/NASA これがアメリカ航空宇宙局だ(CBS・ソニー出版)、Newton別冊 月のミステリー/教育社