JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

アポロ12号

シェア

関連情報

分類:宇宙飛行

名称:アポロ12号(Apollo 12)
小分類:アポロ計画
打ち上げ国名・機関:アメリカ/アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げ年月日:1969年11月14日
帰還年月日:1969年11月24日
打ち上げロケット:サターンV
宇宙飛行士:チャールズ・コンラッド/リチャード・F・ゴードン/アラン・L・ビーン
飛行時間:244時間36分25秒
国際標識番号:1969099A

アポロ12号は、11号に続く2度目の月着陸をはたしました。
着陸船イントレピッド号で「嵐の海」に降りたチャールズ・コンラッド船長とアラン・ビーンの2人は、31時間31分のあいだ月面にとどまり、3時間53分と3時間49分の2回の船外活動を行ない、34.3kgの月面物質を採集しました。月面にALSEP(無人観測ステーション)を設置したり、1967年に着陸していた無人探査機サーベイヤー3号からTVカメラと宇宙線感知板を回収したりしています。
宇宙船で地球に帰るときには、科学調査のため、切り離した着陸船を月面に衝突させて人工地震をおこしました。

1.宇宙船はどんな形をして、どのような性能を持っているの?
アポロ宇宙船は司令船と機械船から構成されています。司令船は円錐形をした居住カプセルで、全長3.23m、底辺の直径3.91m、重量5.56tです。円筒形の機械船は司令船に酸素や電力を供給したり、推進ロケットの役割をする部分です。全長7.37m、直径3.91m、重量23.2tです。また、月着陸船は全長7m、重量15.1tです。

2.ロケットはどんな形をして、どのような性能を持っているの?
サターンVは3段式ロケットで、宇宙船をふくめた全長が111m、重量2941tです。第1段に推力694tのエンジンが5基、第2段に推力93tのエンジンが5基、第3段に推力93tのエンジンが1基ついています。

3.打ち上げや飛行の順序はどうなっているの?
サターンVの第1段と第2段の推力で、第3段とアポロ宇宙船を地球軌道に乗せ、第3段の推力で月に向かいます。第3段を離れた宇宙船が第3段に収めてある月着陸船とドッキングして、第3段と着陸船を切り離します。月の周回軌道に乗ってから月着陸船で月面に降り立ちます。地球に帰るとき、着陸船は再び宇宙船とドッキングして、飛行士が宇宙船に乗り移ったあとで切り離されます。大気圏再突入は司令船だけで行われます。

4.宇宙飛行の目的は?
有人宇宙船の月着陸と、月面での調査活動です。

5.宇宙でどんな活動をし、どのような成果をおさめたの?
無人観測ステーションを設置し、無人探査機から機材を回収しました。

※参考文献:アラン・シェパード,ディーク・スレイトン著/ムーンショット(集英社)、野田昌宏・編著/NASA これがアメリカ航空宇宙局だ(CBS・ソニー出版)