JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

アポロ13号

シェア

関連情報

分類:宇宙飛行

名称:アポロ13号(Apollo 13)
小分類:アポロ計画
打ち上げ国名・機関:アメリカ/アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げ年月日:1970年4月11日
帰還年月日:1970年4月17日
打ち上げロケット:サターンV
宇宙飛行士:ジェームズ・A・ラベル/ジョン・L・スワイガート/フレッド・W・ヘイズ Jr.
飛行時間:142時間54分41秒
国際標識番号:1970029A

アポロ13号は「嵐の海」フラ・マウロ高原に着陸する予定でしたが、事故が発生したため、着陸ができませんでした。
打ち上げから55時間55分後、機械船の酸素タンクが爆発して、電力と酸素の供給が低下し、アポロ宇宙船は機能を失いかけました。パイロットの3人はヒューストン管制センターからの指示で、月着陸船アクエリアス号に避難して、司令船オデッセイ号の電力や酸素や燃料を節約することにしました。地球の大気圏に再突入するまで残しておかなければならなかったのです。
地球へ緊急に帰るためには予定軌道の修正も必要でした。着陸船の姿勢制御エンジンを使って、それをやりとげました。月をまわってから地球に向かい、アポロ13号は無事に帰還することができました。この事件は映画にもなっています。

1.宇宙船はどんな形をして、どのような性能を持っているの?
アポロ宇宙船は司令船と機械船から構成されています。司令船は円錐形をした居住カプセルで、全長3.23m、底辺の直径3.91m、重量5.56トンです。円筒形の機械船は司令船に酸素や電力を供給したり、推進ロケットの役割をする部分です。全長7.37m、直径3.91m、重量23.2tです。また、月着陸船は全長7m、重量15.1tです。

2.ロケットはどんな形をして、どのような性能を持っているの?
サターンVは3段式ロケットで、宇宙船をふくめた全長が111m、重量2941トンです。第1段に推力694tのエンジンが5基、第2段に推力93tのエンジンが5基、第3段に推力93tのエンジンが1基ついています。

3.打ち上げや飛行の順序はどうなっているの?
サターンVの第1段と第2段の推力で、第3段とアポロ宇宙船を地球軌道に乗せ、第3段の推力で月に向かいます。第3段を離れた宇宙船が第3段に収めてある月着陸船とドッキングして、第3段と着陸船を切り離します。月の周回軌道に乗ってから月着陸船で月面に降り立つ予定でした。しかし、事故のため着陸をあきらめて軌道修正を行ない、月をまわってからアポロ宇宙船は地球に戻りました。地球軌道上で機械船と月着陸船を切り離し、司令船だけで大気圏に再突入しました。

4.宇宙飛行の目的は?
月着陸と月面の調査です。

5.宇宙でどんな活動をし、どのような成果をおさめたの?
事故が発生したため着陸を中止し、緊急に帰還しました。

※参考文献:アラン・シェパード,ディーク・スレイトン著/ムーンショット(集英社)、竹内均・監修/Newton Collction II 宇宙開発(教育社)、中冨信夫・著/NASAリポート 宇宙探査(立風書房)