JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

アジア太平洋宇宙協力機構

シェア

関連情報

分類:宇宙開発機関

名称:アジア太平洋宇宙協力機構/Asia Pacific Space Cooperation Organization(APSCO)
参加国:バングラデシュ、中国、イラン、モンゴル、パキスタン、ペルー、タイ
本部所在地:北京(中国)
設立年月日:2008年12月16日

アジア太平洋宇宙協力機構(APSCO)は、1992年の中国、パキスタンおよびタイ間の覚書によって始まり、2003年まで7回のワークショップや国際会議を積み重ねたアジア太平洋宇宙技術応用・多国間協力会議(AP-MCSTA)を発展させたものです。アジア太平洋地域諸国が宇宙技術とその応用分野の交流・協力を一層拡大し、宇宙事業の発展を加速し、アジア太平洋地域の経済・社会発展と共同の繁栄をはかることを目的とした、アジア太平洋地域の連合宇宙機関です。

APSCO条約の最終版は2003年11月に決定され、2005年10月28日、北京の人民大会堂において中国、パキスタン、イラン、タイ、バングラデシュ、モンゴル、ペルーが参加したAPSCO条約調印式が実施されました。調印式にはアルゼンチン、ブラジル、マレーシア、フィリピン、ロシア、ウクライナなどもオブザーバとして出席しています。APSCOはアジア太平洋地域の国を対象としますが、それ以外の国も準メンバーとして活動に参加できるとしています。

APSCOは、参加国のAPSCO条約国内批准等を経て、資金拠出ルール等が定められた後、2008年12月16日に発足しました。本部は中国の北京に置かれています。設立式典には、トルコとインドネシアの代表も出席しました。