JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

わし座

シェア

関連情報

分類:星座/神話

名称:わし座(鷲座)
学名:Aquila
小分類:南半球
構成する主な星雲、星団、恒星:アルタイル(アルファ星)
神話の主な登場人物:パーン/テュフォン/ゼウス
日本で観測できる時期:3月中旬~10月下旬の約8ヵ月間
見ごろの季節:秋 (20時正中は9月中旬)

古代バビロニア時代から知られていた星座で、赤い1等星アルタイルを真ん中に明るい星が3つ並んだ形がよく目立ちます。実際はエイのような形の大きな星座です。アルタイルとは、アラビア語で「飛ぶ鷲(ハゲタカ)」ともいい、太古から鷲になぞらえたさまざまな伝説を持ちます。中国の伝説では、七夕の「彦星」がこのアルタイルです。

1.見つけ方のポイント
白鳥座のデネブこと座ベガを結び、その線の中心からほぼ垂直に、東へ向かって目線を移していくと、赤い1等星アルタイルが見つかります。これらの3つの1等星は「夏の大三角」と呼ばれ有名です。わし座全体はもっと大きく、ひし形に尾を付けたような形をしています。アルタイルはちょうど鷲の目にあたります。

2.神話の内容について
ギリシャ神話によると、わし座はゼウスが敵を倒す雷の矢を運ぶ使者だといわれています。また、ゼウスの化身としてトロイの美少年ガニメデをさらってオリンポスへ連れてくるなど、いくつかの逸話も残しています。
中国の神話では、アルタイルは「牽牛(彦星)」と呼ばれ牛飼いでしたが、天上の織り姫(こと座の1等星ベガ)と道ならぬ恋に落ちたことから天帝の怒りに触れ、天の川で分かたれてしまいました。会えるのは7月7日の年に1度だけで、その日は天の川にかささぎの橋(白鳥座)がかかると言われています。

3.同じ時期に見える星座について
わし座のアルタイルと白鳥座の間には、こぎつね座や座いるか座などの小星座がいくつか散らばっています。また、わし座のひし形の東にはヘルクレス座が、南東にはへびつかい座が位置しています。さらに、わし座が東の空から昇った後には、みずがめ座がその姿を現します。

※参考文献:誠文堂新光社「星座クラブ」(著者・沼澤茂美)、日本放送出版協会「NHK銀河宇宙オデッセイ・大星夜ウオッチング」(監修・古在由秀、NHK取材班編)、ナツメ社「星空ガイド」(著者・沼澤茂美、脇屋奈々代)、教育社「NEWTONコレクションNASA宇宙開発のパイオニアスペースシャトル/歴史と未来」(監修・竹内均)