JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

アリアン1

シェア

関連情報

分類:ロケット
名称:アリアン1、2、3(Ariane 1-3)
打ち上げ国名・機関:欧州/欧州宇宙機関(ESA)
開発機関・会社:欧州宇宙機関(ESA)
運用機関・会社:アリアンスペース社
打ち上げ場所:ギアナ宇宙センター(GSC)
運用開始年:1979年
運用終了年:1989年

アリアンは、西ヨーロッパ11ヵ国(現在の加盟国はカナダを含む14ヵ国)が1975年に設立したヨーロッパ宇宙機関(European Space Agency)が開発した宇宙ロケットで、ヨーロッパの技術を結集して開発されました。アリアンの開発資金の約6割はフランスが出資し、フランス国立宇宙研究センター(CNES)が計画全体を取りまとめています。アリアン1の1号機は、1979年に赤道直下のフランス領ギアナのクールー基地から打ち上げられ、1982年の5号機から商業打ち上げを開始しました。静止遷移軌道(GTO)ペイロードが1.7tのアリアン1に代わって、第1段に固体ブースタを付加し、第3段の推進剤を増加してGTOペイロードを2.58tとしたアリアン3が、1984年にデビューしています。アリアン2は、アリアン3に付加ブースタが付かない型で、1986年から使われています。1990年には第1段を大型化したアリアン4シリーズが登場したので、アリアン2アリアン3は1989年を最後に使われなくなりました。アリアンは、当初から衛星の商業打ち上げのために設計された最初のロケットで、アリアンスペース社(フランス法人)が国際的なマーケティングをおこなっています。アリアンスペース社は、世界の衛星打ち上げ市場の約半分の圧倒的シェアを誇っています。

1.どんな形をし、どんな性能を持っているの?
アリアン1-3は3段式ロケットで、第1段と第2段は非対称ジメチルヒドラジン/ヒドラジンのミックスと四酸化二窒素を、第3段は液体水素と液体酸素を推進剤としています。第1段にはヴィキングVエンジンが4基あり、合計推力は245tになります。第2段はヴィキングIVが1基で、推力72tになります。第3段のHM7エンジンは、推力6tです。アリアン3の第1段に付く2本の固体推進剤ブースタは、推力各71tです。アリアン3は全長49m、直径3.8mで、離床重量は237tになります。アリアン3の静止遷移軌道ペイロードは2,580kgになります。

2.打ち上げや飛行の順序はどうなっているの?
アリアン3は、第1段とブースタに同じに点火して離床し、ブースタは30秒後に燃え尽きて切り離されます。第1段は146秒燃焼し、第2段は123秒燃焼します。静止衛星打ち上げでは、第3段の燃焼でいったんパーキング軌道に乗ったあと、第3段が再点火されて、ペイロードが静止遷移軌道(高度200km×35,800kmの長楕円軌道)に投入されます。

3.どんなものを打ち上げたの?
インテルサット5号シリーズ、ECSジオット、SPOT1があります。

4.どのくらい成功しているの?
28回の打ち上げがおこなわれ、24回成功しています。

5.この他に、同じシリーズでどんな機種があるの?
アリアン4アリアン5があります。