JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

アリアン4

シェア

関連情報

分類:ロケット

名称:アリアン4(Ariane 4)
打ち上げ国名・機関:欧州/欧州宇宙機関(ESA)
開発機関・会社:欧州宇宙機関(ESA)
運用機関・会社:アリアンスペース社
打ち上げ場所:ギアナ宇宙センター
運用開始年:1984年1月29日

アリアン4は、1979年12月24日に初の打ち上げに成功したアリアン1から、1984年の8月4日と1987年11月21日に打ち上げられたアリアン3アリアン2へとつづいた、アリアン・シリーズの最新のタイプにあたります。アリアン4はアリアン3アリアン2と同様に、アリアン1と同じ機体の改良により能力を増加させたものですが、ヨーロッパにおける今後の衛星打ち上げのもうひとつの主役となるはずのアリアン5の場合には、まったく新しい設計がなされています。
各段、とりわけ、第1段と、その補助となるロケットブースタの採用によって、1型の場合には1.8トンにすぎなかった静止軌道への移行(トランスファ)可能な積載重量も4.8トンと、およそ3倍近くにも増大しています。
また、アリアンシリーズの打ち上げ回数も、1996年秋には90回を超えました。
静止軌道への移行性能7の5型に比べれば小型ではあるものの、アリアン4の役割は、いまなお高いものとなっています。

1.どんな形をし、どんな性能を持っているの?
アリアンは、第1段ロケットの周囲に2~4基の固体または液体ロケットブースタをとりつけた3段型打ち上げ機で、推力増大用ブースタとして大型の固体ロケットを装着したタイプは、言わば3.5段に相当します。
アリアン4は、細かく分類すると、固体ブースタ(P)・液体ブースタ(L)の取り付け数により、40、42P、44P、42L、44LP、44Lの6タイプがあります。
そのうち、本体も新型で打ち上げ回数も多い44Pを例にとると、第ゼロ段に相当する固体ロケットブースタはそれぞれ発射時の総重量12.56トン、直径1.07m、全長12.2m、推力70.36トン。第1段は、総重量243.6トン、直径3.8m、全長23.6m、推力293.7トン。第2段は、総重量37.13トン、直径2.6m、全長11.5m、推力82トン。第3段は、直径2.66m、全長11.85m、推力6.4トンとなっています。打ち上げ部の発射時総重量は343トン、直径3.8m、全長46.95m、打ち上げ時の実効推力は516トンに達します。
液体方式の44Lは液体ロケットブースタが4基あり、それぞれ総重量43.77トン、直径2.22m、全長19m、推力76.68トンとなっています。
この液体ロケット・ブースタと第1段、第2段は、推進剤(酸化剤・燃料)として、長期の保存が可能なテトラニトロキシドと非対称ジメチルヒドラジン(UDMH)を、第3段は液体酸素と液体水素を採用しています。
44Pの場合、高度185kmの地球低軌道には7.7トン、地球静止軌道への移行(トランスファ)軌道には4.52トンを運ぶことができます。

2.打ち上げや飛行の順序はどうなっているの?
固体ロケットの燃焼時間は29秒間、第1段はその後、点火から数えて281秒後に停止、切り離され、その後、第2段は125秒間燃焼、これを分離後、第3段は、12.5分間噴射し、衛星を目標の高度に送りとどけます。

3.どんなものを打ち上げたの?
地球観測衛星ERSをはじめとして、様々な科学衛星、実用衛星の打ち上げに使われています。

4.どのくらい成功しているの?
2002年6月までの時点で113回の打ち上げがおこなわれ、3回失敗しています。

5.この他に、同じシリーズでどんな機種があるの?
アリアン1アリアン2アリアン3アリアン5があります。

アリアン・ロケットのファミリー。左から1、2、3、4、5
アリアン・ロケットのファミリー。左から1、2、3、4、5