JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

小惑星探査

シェア

関連情報

火星木星の間に多い小惑星は、名前のついたものだけでも26,000個以上

小惑星は主に火星木星のあいだにあります。太陽のまわりを回る無数の天体のことを呼び、名前のついているものだけでも2006年7月時点で134,339個もあり、望遠鏡でも約十数万個が確認できます。また、直径1kmのものは50万個もあり、すべて集めると地球の1/500の重さになります。小惑星は大きな惑星がこわれてできたものという説と、惑星になれなかった微惑星(びわくせい)という説の2つがありますが、はっきりしたことは、今もナゾのままになっています。

小惑星イーダ
小惑星イーダ

小惑星太陽系誕生の謎を解くカギ。今後の宇宙開発にも役立つ

木星探査機ガリレオは、木星に向かう途中で小惑星ガスプラとイーダに接近し、写真撮影や観測などをおこないました。そして「イーダ」の観測中にそのまわりを回る直径約1.5kmの衛星を発見しました。この衛星はダクティルと命名されましたが、はじめて発見された小惑星です。火星木星の軌道のあいだには小惑星の集まりがたくさんありますが、小惑星を研究すると、太陽系が生まれた直後のようすを考えるのに役立ちます。また、今後太陽発電衛星やスペースコロニーを建設することになると、小惑星の鉱物資源をその資材に使えば便利だといわれています。

小惑星ガスプラ
小惑星ガスプラ

宇宙航空研究開発機構小惑星を探査

はやぶさは、小惑星とランデブーし、表面の物質を採取し、それを地球までもって帰るという計画です。2003年5月に、M-Vロケットによって打ち上げられました。2005年9月中旬から11月下旬にかけてイトカワに接近して観測を行い、サンプル採取も試みました。2010年に地球に帰還する予定です。