JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

ASTRO-E

シェア

関連情報

分類:人工衛星

名称:第19号科学衛星ASTRO-E(Astronomy Satellite-E)
小分類:科学衛星
開発機関・会社:宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
運用機関・会社:宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
打ち上げ年月日:2000年2月10日
運用終了年月日:2000年2月10日
打ち上げ国名・機関:日本/宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
打ち上げロケット:M-V
打ち上げ場所:鹿児島宇宙空間観測所(KSC)

ASTRO-Eは、中性子星や超新星の研究で活躍している、宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))のあすかの後継機として、2000年の2月打ち上げられました。
ASTRO-E衛星の主要観測目的は、宇宙の奥深くにある天体をX線で観測することで、X線連星、超新星残骸、そしてブラックホールなどを非常に高い精度と感度の装置で観測、X線天体の謎の解明を行なう予定でしたが、第1段ロケットの異常により、予定の軌道に投入されませんでした。

1.どんな形をして、どんな性能を持っているの?
重量1,600kgです。
ASTRO-E衛星は5台の軟X線望遠鏡と、1台の硬X線望遠鏡を搭載しています。軟X線望遠鏡は5台のX線反射鏡、XRTと5台の焦点面検出器、4台のXIS検出器と1台の検出器から構成されています。XISとはX線CCDカメラのことで、XRSとはX線マイクロカロリーメーターというものでXISとはエネルギー分解能は異なりますが、ほぼ同じエネルギー範囲のX線観測を行ないます。

2.どんな目的に使用されるの?
ASTRO-E衛星の主要観測目的は、宇宙論的な遠距離にある天体をX線で観測すること、宇宙の高温プラズマのX線分光観測を、高い精度と広いエネルギー範囲で行なうことです。ブラックホールを含め、X線連星、超新星残骸、活動銀河銀河団などの広帯域X線精密分光観測などを行ないます。

3.宇宙でどんなことをし、今はどうなっているの?
2000年2月に打ち上げられましたが、第1段ロケットの異常により、予定の軌道に投入されませんでした。

4.このほかに、同じシリーズでどんな機種があるの?
ひのとりてんまぎんがあすかがあります。

5.どのように地球を回るの?
高度550km、傾斜角31度の略円軌道です。

※参考文献:大林辰蔵・監修「日本の宇宙科学1952→2001」東京書籍、斎藤成文「日本宇宙開発物語」三田出版会