JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

すざく

シェア

関連情報

分類:人工衛星

名称:第23号科学衛星「すざく」/ASTRO-EII(Astronomy Satellite-EII)
小分類:科学衛星
開発機関・会社:宇宙航空研究開発機構(JAXA)
運用機関・会社:宇宙航空研究開発機構(JAXA)
打ち上げ年月日:2005年7月10日
運用終了年月日:-
打ち上げ国名・機関:日本/宇宙航空研究開発機構JAXA
打ち上げロケットM-V-6
打ち上げ場所:JAXA内之浦宇宙空間観測所USC

ASTRO-EII衛星は日本で5番目のエックス線天文衛星で、2000年2月に打ち上げに失敗したASTRO-E衛星の後継機です。アメリカの協力により、2005年7月10日、内之浦宇宙空間観測所からM-V-6号機により打ち上げられました。軌道に投入されたASTRO-EIIは「すざく」と命名されました。すざくの主要観測目的は、宇宙の奥深くにある天体をエックス線で観測することで、エックス線連星、超新星残骸ブラックホールなどを非常に高い精度と感度の装置で観測、エックス線天体の謎の解明を行なう予定です。

1.どんな形をして、どんな性能を持っているの?
すざく本体は直径2mの八角柱、太陽電池パネルを広げた状態では幅5.4m。重量1,680kg、電源は500wです。衛星の高さは打ち上げ時5m、軌道上で鏡筒を伸ばすと6.5mです。衛星は3軸制御で、太陽電池パネルが、常時、太陽から約30度以内の方向になるように制御します。科学機器の観測の方向は太陽電池パネルの軸に垂直に向けられ、観測範囲は太陽から60~120度の角度に限定されます。衛星は、軟エックス線望遠鏡5台と、 硬エックス線望遠鏡1台を搭載しています。軟エックス線望遠鏡は、5つのエックス線反射鏡(XRT)と5つの焦点面検出器から成っています。 XRTは、NASAゴダード宇宙飛行センター、名古屋大学、宇宙科学研究本部が共同開発しました。

2.どんな目的に使用されるの?
このミッションでは、さまざまなエックス線天体について、これまでできなかった広いエネルギー領域(0.3~600keV)にわたり、より高エネルギー分解能・高感度で多くの観測研究を行なう予定です。エックス線・ガンマ線による高温プラズマの研究、宇宙の構造と進化の研究、ブラックホール候補天体と活動銀河核の広帯域のスペクトル研究などが主な目的です。現役で活動するアメリカのチャンドラ(高解像度が特徴)、ヨーロッパのニュートン(面積集光力の大きさが特徴)、そして打ち上げられた日本のすざく(高分光力と広エネルギー帯域が特徴)の3つのエックス線衛星が互いに補い合うことで、エックス線でしか探ることのできない宇宙の謎に迫ることが期待されています。

3.宇宙でどんなことをし、今はどうなっているの?
2005年7月10日、M-V-6号機により内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられました。さまざまなエックス線天体について広エネルギー領域にわたり、高エネルギー分解能・高感度で多くの観測研究を行なう予定です。 エックス線・ガンマ線による高温プラズマの研究では、広い温度範囲にわたり、さまざまなエックス線源をプラズマで調べます。宇宙の構造と進化の研究では、銀河団の進化を 研究したり、遠方にある暗い原始天体を探索します。ブラックホール候補天体と活動銀河核の広帯域のスペクトル研究では、ブラックホールへの降着流の研究などを行なう予定です。

4.このほかに、同じシリーズでどんな機種があるの ?
ひのとりてんまぎんがあすかASTRO-E(アストロEのみ打ち上げ失敗)があります。

5.どのように地球を回るの?
高度550km、傾斜角31度の略円軌道です。1日に地球を15周しますが、鹿児島県内之浦の地上局から接触できるのはそのうち5回だけです。 したがって1日5回、約10分ずつ追跡オペレーションをする計画です。