JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

アトラス

シェア

関連情報

分類:ロケット
名称:アトラスII(AtlasII)、アトラスI(AtlasI)、アトラスIIA(AtlasIIA)、アトラスIIAS(AtlasIIAS)
打ち上げ国名・機関:アメリカ
開発機関・会社:アメリカ空軍(USAF)
運用機関・会社:アメリカ空軍(USAF)/ロッキード・マーティン社(LMCLS)/インターナショナル・ランチ・サービス社(ILS)
打ち上げ場所:ケープカナベラル空軍基地/チュラタム射場(バイコヌール宇宙基地)
運用開始年:アトラスII:1991年12月7日/アトラスI:1990年7月25日/アトラスIIA:1992年6月10日/アトラスIIAS:1993年12月15日
運用終了年:アトラスII:1999年/アトラスI:1999年/アトラスIIA:1996年/アトラスIIAS:1996年

アトラス・ロケットは、アメリカ初のICBM(大陸間弾道弾)として開発され、1957年12月に最初の打ち上げ実験に成功、1961年以後、核弾頭を搭載の上で実戦配備されましたが、液体酸素を使用するため常時、発射可能な状態にできず、1965年以後、タイタンII型ミサイルに置きかえられました。これらのミサイルのうち、新型のE、Fは衛星打ち上げ用に転用されました。また、空軍やNASAでは上段にエイジェナやセントールを用いたアトラス/エイジェナ、アトラス/セントールが多数作られ、特にアトラス/セントールは、アメリカにおける衛星打ち上げの主役として、デルタやタイタンと並んで、製造会社のたび重なる吸収、合併にもかかわらず、広く使用されてきました。
アトラスI、アトラスII(IIA、IIAS)はそのアトラス・シリーズの最新型で、民間による衛星打ち上げビジネスのホープとして確実な成果をあげつつあります。
アトラスIは、ICBM用に開発されたアトラス・ロケットのバリエーションの中では、主にNASAで衛星や深宇宙探査機の打ち上げに使われたアトラス/セントール・ロケットの商業利用型で、II型が空軍に採用されたため、18基製造の予定のところ11基で打ち切られ、II型に転換されました。ロッキード・マーティン社が製造、カザフスタン共和国のバイコヌール宇宙基地(チュラタム射場)とケープカナベラル空軍基地を打ち上げ基地とするインターナショナル・ランチ・サービス社(International Launch Services/ILS)によって衛星打ち上げビジネスに使われています。
アトラスIIは、アメリカ空軍の発注により開発された、アトラス/セントール・ロケットを原型とする打ち上げロケットで、空軍およびILS社による打ち上げに使用されています。

1.どんな形をし、どんな性能を持っているの?
アトラスI、II、IIA、IIASともに、アトラス・ロケットを第1段、セントールを第2段とすることで共通しています。アトラスは液体酸素とRP-1を、セントールは液体酸素と液体水素を燃料(酸化剤と推進剤)を用いています。
アトラスIは、直径3.05m、第1段全長22.3m、第2段全長9.1mで、搭載衛星をカバーするフェアリングは全長4.2mまたは3.3mのものが使われます。第1段の推力は約200トン、第2段の推力は15トンで、2,2tまでの衛星を静止軌道への移行軌道へ運ぶことができます。
アトラスIIは、第1段にI型より高性能のメイン・エンジンを採用、1段目の推力を222トンに増強するとともに、1段、2段のタンク部分を延長することにより、静止軌道への移行可能な重量も2.7~2.95トンに向上しました。IIAは第2段の推力が19トン、移行軌道に運べる重量2.85~3.07トン、IIASは第2段推力20トン、移行軌道に運べる重量3.445~3.7トンに増強されています。
第1段、第2段のそれぞれの全長は、IIが25m/10m、IIAとIIASが25m/15mとなっています。

2.打ち上げや飛行の順序はどうなっているの?
第1段に搭載されたメイン・エンジンと持続飛行用エンジンは発射よりも少し前に点火され、飛行開始から数分たってからメイン・エンジンは噴射を停止、持続飛行用エンジンが燃焼状態に置かれたまま、発射後およそ5分で第1段が切り離され、第2段のセントール・ロケットが点火されます。静止軌道への移行軌道を目指す場合には、まず6分30秒間の噴射により、パーキング軌道に乗ったのち、発射後24分で再びセントールに点火、1分半の噴射ののち、衛星本体を含む搭載重量を切り離します。

3.どんなものを打ち上げたの?
日本のJSATの通信衛星JCSAT−3号をはじめとして、世界各国の通信衛星や放送衛星、科学衛星多数を打ち上げています

4.どのくらい成功しているの?
ミッション成功率は、アトラスII、IIA、IIASをあわせて、26回の発射すべてが成功。また、アトラスIは10回の発射中7回が成功しています。アトラス/セントール型の場合、1962年以来、軍用をのぞくアトラス・ロケットの運用がジェネラル・ダイナミクス社(現在ロッキード・マーティン社)にまかされることになった1990年まで67回の打ち上げ中、失敗は9回、成功率87%を記録しています。

5.この他に、同じシリーズでどんな機種があるの?
ロッキード・マーティンではアトラスIIAの後継機種として、3.4トンから3.9トンを静止軌道まで運べるアトラスIIARは、1998年12月に打ち上げられました。また、固体ロケット・ブースタ装着のIIARS型の開発もおこなわれ、1998年12月に打ち上げられました。