JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

アトラス・アジェナD

シェア

関連情報

分類:ロケット

名称:アトラス・アジェナD/Atlas Agena D
打ち上げ国名・機関:アメリカ/アメリカ航空宇宙局(NASA)
開発機関・会社:アメリカ航空宇宙局(NASA)
運用機関・会社:アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げ場所:ケープカナベラル空軍基地
運用開始年: 1963年
運用終了年: 1978年

アトラス・アジェナ(アジーナ)Dは、アトラスICBMを基にした宇宙ロケットに、アジェナ上段を組み合わせた衛星打ち上げ機です。アジェナ上段は、アメリカ空軍が軍事衛星の打ち上げ用に開発したもので、第2段のロケット・エンジンを何回も噴射して軌道を変更できることが最大の特徴です。アジェナ上段にはいくつもの型がありますが、最初にアトラスと組み合わされたのはアジェナAで、1960年にデビューしています。改良型のアジェナDとアトラスを組み合わせたアトラス・アジェナDは、1963年9月に1号機が飛行し、1966年からは第1段の推進剤タンクを3m延長したアトラス・アジェナD(SLV-3A)が使われるようになりました。アトラス・アジェナDは、月探査機や火星探査機の打ち上げに用いられたほか、アジェナD上段はジェミニ有人宇宙機のランデブ実験の標的GATV(Gemini-Agena Target Vehicle)としても使われました。

1.どんな形をし、どんな性能を持っているの?
アトラス・アジェナDの第1段部分となるアトラスは、きわめて薄いアルミニウム合金のモノコック構造を特徴とし、3基のロケット・エンジンを並べたMA-5システムを持っています。アジェナD上段は直径1.5m、長さ7.7mで、非対称ジメチルヒドラジン(燃料)、赤煙硝酸(酸化剤)の貯蔵可能推進剤を使うハスラー8048エンジン(推力7.3トン)1基を持っています。ジェミニ有人宇宙機のランデブ実験の標的となったGATVではアジェナDの先端にドッキング装置が付いて、ジェミニとドッキング後はジェミニ側からの指令でアジェナのエンジンに点火することができました。後には第3段にバーナーII、第4段にスター17を載せて(いずれも固体ロケット)、4段ロケットとしても使われました。

2.打ち上げや飛行の順序はどうなっているの?
アトラスはMA-5の3基のエンジンに同時に点火して離床しますが、両側のブースタ・エンジンは139秒後に切り離されます。アトラスは中央のサステイナー・エンジンのみで上昇を続け、離床247秒後にサステイナーを停止して、アジェナD上段を切り離します。アジェナD上段は自身のエンジンに点火して衛星軌道に乗りますが、必要ならばエンジンに再点火して軌道を変更、あるいはペイロードを地球脱出軌道に乗せます。アトラス・アジェナDのペイロードは、低地球軌道で1,325kgでした。

3.どんなものを打ち上げたの?
ルナ・オービタ1~5、マリナー5、GATVを打ち上げました。

4.どのくらい成功しているの?
77回の打ち上げがおこなわれ、71回成功しています。

5.この他に、同じシリーズでどんな機種があるの?
アトラス・アジェナAや、アトラス・アジェナBがあります。