JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

姿勢安定方式

シェア

関連情報

姿勢制御で、重力、地磁気などの外乱から衛星を守る

軌道を回る人工衛星は、アンテナを地球に向けたり、観測機器をその対象となる方向に正しく向けたり、また太陽電池パネルを太陽に向けたりなどと、その姿勢をつねに保つ必要があります。しかし、低軌道では、空気、重力、地磁気による影響、静止軌道では太陽風による影響を強く受けて、衛星の姿勢は乱されてしまいます。そこで、衛星の姿勢を制御して安定させる必要があるのです。

地球の重力を利用して衛星の姿勢を安定させる「重力傾度安定方式」

地球の重力を利用して衛星の姿勢を安定させる方式。地球の重力(引力)を受けて傾斜する原理を応用し、長手を衛星にとりつけるとその長手は地球の方に向き、姿勢が安定するという方式です。これは月がつねに1つの面だけを地球に向けているのと同じ原理です。しかし、この方式はふらつきが多く、実用例はあまりありません。

衛星全体をコマのよう回転させる「スピン安定方式」

アンテナなどを除いた衛星の本体のみか、あるいはまた衛星全体をコマのように回転させることにより、衛星の姿勢を安定させる方式。信頼度の高い方式ですが、太陽電池の面積が大きくとれないため、電力が大量に得られないという欠点があります。「シングルスピン方式」は、単純に衛星全体をスピンさせる方法で、システムとしてはシンプルですが、通信アンテナやミッション機器搭載面も回転しているため、機能面で自由度がない。また、「デュアルスピン方式」は衛星本体の一部は高速回転させず、アンテナ等を常に地球方向に向けておく方式です。この方式の中には、「アンテナデスパン方式」と、「プラットフォームデスパン方式」の2種類があります。