JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

ぎょしゃ座

シェア

関連情報

分類:星座/神話

名称:ぎょしゃ座(御者座)
学名:Auriga
小分類:北半球
構成する主な星雲、星団、恒星:M36(NGC1960)=散開星団/M37(NGC2099)=散開星団/M38(NGC1912)=散開星団/カペラ(アルファ星)/メンカリナン(ベータ星)/サダトーニ(ゼータ星)
神話の主な登場人物:エリクトニウス/ヘーパイナス/アフロディテ/ヒュッポリトス
日本で観測できる時期:-
見ごろの季節:冬(2月中旬の午後8時に正中)

主星カペラを中心にした5角形と、カペラの脇の小さな3角形で作られる星座です。1匹の雌山羊と2匹の小山羊を抱く御者になぞらえられます。小さな3角形は、「小山羊(The Kids)」とされ、古代からよく知られていました。

1.見つけ方のポイント
ペルセウス座ふたご座の間で、天の川に沿う星座です。冬の夜、天頂付近に黄色く輝くカペラが目印です。

2.神話の内容について
諸説あり、メソポタミア神話では、鍛冶屋の神で醜男のヘーパイナスと美の神アフロディテの子エリクトニウスといわれます。足が不自由でしたが、成長してアテナイの主となり、馬車を駆って活躍しました。ギリシャ神話では、馬車の名手で純潔の象徴ヒュッポリトスとされています。

3.同じ時期に見える星座について
ふたご座/ペルセウス座/おうし座/オリオン座/おひつじ座/きりん座

2017/07/18更新