JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

バイコヌール射場

シェア

関連情報

米国ケープ・カナベラル空軍基地と並ぶ世界最大基地の発射場がバイコヌール射場です。モスクワから南東に約2,100km、中央アジアのカザフスタン共和国にあります。アラル海の東に位置しています。「バイコヌール」とはカザフ語で「褐色の富」を意味しますが、この褐色とは、ここが銅の産地であることに由来しています。
1955年に建設が開始され、1957年10月4日に人類初の人工衛星スプートニクを打ち上げた歴史的な発射場です。その後軍事衛星などの打ち上げを主に行ってきましたが、1996年に9月にプロトンロケットでインマルサット3F2通信衛星を打ち上げたのを皮切りに、イリジウム、グローバルスター、パンナムサットなどの民間通信衛星が頻繁に打ち上げられるようになりました。
有人宇宙飛行に関しても、人類最初の宇宙飛行となった1961年のガガーリンの打ち上げ以来、ここから宇宙飛行士が打ち上げられています。国際宇宙ステーションに搭乗する宇宙飛行士や各種モジュールも打ち上げられています。
位置は北緯45度36分、東経63度24分。打ち上げ方向は東です。管理・運営はロシア(カザフスタン)で、主要打ち上げロケットプロトン、ロコット、ソユーズ、モルニア、ツィクロン、ゼニットなどです。
2005年末までの衛星等打ち上げ回数は1,199回で世界最多です。
15の発射台を含む9つの発射施設、11の組立工場、470kmの線路で横倒しにしたロケットを発射台まで運んでいきます。
ロシアは旧ソ連時代からバイコヌール宇宙基地を主要射場として使ってきました。旧ソ連崩壊後、混乱を経て1994年3月にロシアがカザフスタンに20年間にわたり年間1億1,500万ドルの使用量を払うことを条件に、ロシアの統括権と司法権を認めることで合意しました。さらにその後、紆余曲折を経て2000年1月からはロシア宇宙庁の管轄下となりました。