JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

ゆり

シェア

関連情報

分類:人工衛星

名称:実験用中継放送衛星「ゆり」(BS)
小分類:通信放送衛星
開発機関・会社:宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
運用機関・会社:郵政省電波研究所
打ち上げ年月日:1978年4月8日
運用停止年月日:1982年1月
打ち上げ国名・機関:アメリカ(ETR)/アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げロケット:デルタ2914型
打ち上げ場所:ケープカナベラル空軍基地
国際標識番号:1978039A

「ゆり」は、家庭で衛星からのテレビ電波を直接受信する、直接放送衛星システムのための実験衛星です。将来の放送需要に対処するために、郵政省電波研究所/現 通信総合研究所などによって各種の実験がおこなわれました。
しかし、1979年6月には3台搭載したテレビ中継用のマイクロ波進行波管(TWT)のうち、B系統が断たれ、予備のR系統に切り換えられましたが、その後、1980年5月にはR系統、6月にはA系統が断たれました。原因は、いずれもTWT高圧電源部の放電です。電源部モジュールの絶縁材が不適当で亀裂が生じ、これに沿って高電圧放電が生じたのです。そのため、これ以降は伝播実験、管制・開発実験などがおこなわれました。そして、1982年1月に燃料を消費しつくし、運用を終了しました。

1.どんな形をして、どんな性能を持っているの?
箱型の本体に、翼のような展開型太陽電池パドルと、楕円のアンテナが取り付けられた形をしています。大きさは約130cm ×130cm × 300cmで、重量は約350kg(静止軌道上初期)です。
主要ミッション機器としては、放送用中継器(2チャンネル・出力各100ワット)に予備用TWTA1式、放送用アンテナ1基を搭載しています。姿勢制御は3軸姿勢制御方式(ゼロモーメンタム)で、設計寿命は3年でした。

2.どんな目的に使用されるの?
衛星を通じて、家庭にテレビ電波を送る衛星放送システムの技術的条件の確立や、衛星放送システムの制御・運用技術確立のための実験、そして衛星からの電波の受信効果の確認実験を目的として開発されました。

3.宇宙でどんなことをし、今はどうなっているの?
静止軌道投入後、1978年7月20日から郵政省電波研究所を中心として衛星放送の各種実験がおこなわれ、数々の成果をもたらしました。1980年6月の搭載中継器の送信機能停止によって、以後は伝播実験、管制・開発実験などがおこなわれましたが、1982年1月に燃料をすべて消費し、運用を終了しました。

4.このほかに、同じシリーズでどんな機種があるの?
ゆり2号a」、「ゆり2号b」、「ゆり3号a」、「ゆり3号b」のほか、補完衛星として「ゆりN3号」があります。

5.どのように地球を回るの?
高度約3万6,000km、傾斜角0度、周期約24時間、東経110度の静止衛星軌道です。

※参考文献:大林辰蔵・監修「日本の宇宙科学1952→2001」(東京書籍)、斎藤成文・著「日本宇宙開発物語」(三田出版会)