JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

ゆり3号

シェア

関連情報

分類:人工衛星

名称:放送衛星3号「ゆり3号aゆり3号b」/BS-3a(Broadcasting Satellite-3a)・BS-3b(Broadcasting Satellite-3b)
小分類:通信放送衛星
開発機関・会社:宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
運用機関・会社:通信・放送衛星機構(TSCJ)
打ち上げ年月日:BS-3a・1990(平成2)年8月28日/BS-3b・1991(平成3)年8月25日
運用停止年月日:BS-3a・1998(平成10)年4月/BS-3b・1998(平成10)年11月
打ち上げ国名・機関:日本/宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
打ち上げロケット:BS-3aH-Iロケット7号機/BS-3bH-Iロケット8号機
打ち上げ場所:種子島宇宙センター(TNSC)
国際標識番号:1990077A(BS-3a)/1991060A(BS-2b)

ゆり3号a/3号bは、ゆり2号a/2号b同様、沖縄、小笠原などの離島を含む日本全土の一般家庭向け直接衛星放送(DBS)サービスに利用されています。ゆり2号a/2号bと比較して高出力化(100~120w以上)、多チャンネル化(2~3チャンネル)、長寿命化、国産技術の大幅採用(放送用アンテナ・中継器・AKMなど)という特徴があります。
ゆり3号aは、太陽電池パドル6枚のうち、高圧用の4枚の中の1枚がショートによって不調になり、供給できる高圧用電力が3/4に低下しました。ゆり3号aは、太陽電池出力が3/4でも、1年半は3チャンネル中継器がすべて作動できると推定されましたが、平成3年3月におきた数10年ぶりの大きな太陽フレアによって放出された放射能によって太陽電池が大きく劣化し、1991年の夏至には3チャンネルのうち、2チャンネルしか放送できない事態になりました。このため、すでに寿命の過ぎていたゆり2号bを再活用し、この問題に対応しました。
実用通信・放送衛星では、万一に備えて軌道予備用を含め、同種衛星を打ち上げますがゆり2号の補完衛星BS-2Xの打ち上げが失敗したため、BS-3Hを1991年4月にアトラスIロケットで打ち上げました。しかしロケットの不具合によって打ち上げは失敗。ただちにBS-3Nの名称で次の補完衛星を調達し、1994年7月にアリアン44Lロケットで打ち上げられました。

1.どんな形をして、どんな性能を持っているの?
約130cm × 160cm × 320cmの展開型太陽電池パドルを有する箱型で、重量は約550kgです。
3チャンネルの放送用中継器(出力各120ワット、他に予備用TWTA3式)、1チャンネルの広帯域中継器(出力20w)、放送用アンテナ1基を搭載しています。姿勢制御は三軸姿勢制御方式(バイアスモーメンタム)で、7年の設計寿命を持っています。

2.どんな目的に使用されるの?
ゆり2号を引き継ぎ、沖縄・小笠原などの離島を含む日本全土への一般家庭向け直接衛星放送(DBS)サービスをおこない、増大かつ多様化する放送需要へ対処するために使用されました。

3.宇宙でどんなことをし、今はどうなっているの?
ゆり3号aは、初期段階の追跡管制と機能確認試験を終了したのち、1990年11月28日に通信・放送衛星機構へ引き渡されました。
ゆり3号bは1991年10月24日に通信・放送機構(TAO)に引き渡され、NHKや日本衛星放送会社(JSB)などの利用機関によって運用されました。また、ゆり3号aの予備機であるゆり3号bの1チャンネルはハイビジョン普及のため放送事業者によって利用されました。

4.このほかに、同じシリーズでどんな機種があるの?
ゆりゆり2号a/2号bのほか、補完衛星としてゆり3N号(BS-3N)があります。

5.どのように地球を回るの?
高度3万6,000km、傾斜角0度、周期24時間の静止衛星軌道です。ゆり3号aゆり3号bともに東経110度です。

※参考文献:齋藤成文・著「宇宙開発秘話」(三田出版会)、斎藤成文・著「日本宇宙開発物語」(三田出版会)