JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

きりん座

シェア

関連情報

分類:星座/神話

名称:きりん座(麒麟座)
学名:Camelopardalis
小分類:北半球
構成する主な星雲、星団、恒星:NGC2403(渦巻き銀河)
神話の主な登場人物:−
日本で観測できる時期:一年中
見ごろの季節:冬(20時正中は2月中旬)

北極星のすぐそばにある星座で、一年中北の空を巡っている周極星のひとつです。星図を見ると、首の長いきりんの姿を想像することができますが、一番明るい星でも4等星なので、実際には形を探すのが難しいでしょう。17世紀にできた新しい星座で、もともとはらくだ座と名づけられましたが、本で紹介されたときに間違ってきりんになったという、変わった星座です。

1.見つけ方のポイント
北極星の近辺を一年中めぐる周極星で、こぐま座の北極星とぎょしゃ座の中間あたりにあります。北極星からおおぐま座の方向へ少し目を移すと、4等星が一列に並んでいるのが見えます。それがきりん座の首です。そこからぎょしゃ座の方向を見ると、三角形が見つかります。それがきりん座の胴体で、そこから足が2本出ています。しかし、暗い星ばかりですので、実際には形を探すのが難しいでしょう。

2.神話の内容について
神話とは関係がない星座で、アフリカに住む首の長いきりんを表しています。中国の神話に出てくる麒麟とは関係がありません。
きりん座は、17世紀初頭に、プランシウスによって作られたものといわれています。その後やはり17世紀に、ヤコブ・バルチウスによって一般に広まりました。ただし、最初は「Camelus」つまり「らくだ座」と呼ばれていました。しかし、バルチウスの死後に出版された星図に誤りがあり、きりん座になったということです。

3.同じ時期に見える星座について
北極星のあるこぐま座をはじめとして、北の空に輝く星座と一緒に見ることができます。きりん座が高く昇る冬の時期なら、西にカシオペア座ケフェウス座、上にペルセウス座、東にぎょしゃ座、下にこぐま座りゅう座おおぐま座などを見ることができます。

4.主要都市での観測について
北の空で一年中北極星の周りを巡る星座で、日本全国で星座の全体が地平線の上に姿を現します。しかし暗い星が多いので形を探すのは難しいかもしれません。

※参考文献:「星座クラブ」沼澤茂美著(誠文堂新光社)、「星のポケットブック」(誠文堂新光社)、「星座天体観測図鑑」藤井旭著(成美堂出版)、「星座・夜空の四季」小学館の学習百科図鑑、「星座博物館・春」、「同・夏」、「同・秋」、「同・冬」、「同・星座旅行」瀬川昌男著(ぎょうせい)、「星空ガイド」沼澤茂美、脇屋奈々代著(ナツメ社)