JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

おおいぬ座

シェア

関連情報

分類:星座/神話

名称:おおいぬ座(大犬座)
学名:Canis Major
小分類:北半球
構成する主な星雲、星団、恒星:M41(散開星団)/シリウス(アルファ星)
神話の主な登場人物:オリオン/レラプス/ゼウス/エウロパ/プロクリス/ケファルス
日本で観測できる時期:10月~3月の約6ヵ月間
見ごろの季節:冬(2月下旬に20時正中)

おおいぬ座は、全天1明るい星シリウス(-1.5等星)が主星の華やかな星座で、オリオン座の左下に頭を上に立ったような姿を見せています。シリウスは太陽から6番目に近い恒星であるうえに、太陽の14倍の明るさをもった青白い星で、古代エジプトではナイルの氾濫を教える星だと珍重されました。また、おおいぬ座付近はほどよい明るさの星や星団が散りばめられており、双眼鏡観測なども楽しい領域です。

1.見つけ方のポイント
冬の南の空は明るい星が多く華やかですが、その中でもひときわ明るいのがシリウスです。オリオン座の三つ星ベルトに沿って下方に目を向けると、シリウスを簡単に見つけることができます。オリオン座の肩にある一等星ベテルギウスと、シリウスよりやや東の上方に輝くこいぬ座の主星プロキオンの3つの一等星を結ぶと正三角形になるため、これを「冬の大三角」と呼びます。

2.神話の内容について
ギリシャ神話では、猟師オリオンの猟犬の一匹でうさぎを追っている姿だと言われます。また、別の説では獲物を逃がしたことのない大犬レラプスだと言われています。レラプスはもともと大神ゼウスが寵愛したフェニキア王の娘エウロパに与えた犬でしたが、後にアテネの王女プロクリスのものになりました。プロクリスの死後、夫のケファルスは狐退治のためにレラプスをテーベの国に放ちますが、狡猾な狐との間で勝負がつかず、見かねたゼウスは2匹を石に変え、レラプスだけを星座にしたということです。

3.同じ時期に見える星座について
おおいぬ座の周囲は、冬の星座の白眉ともいえるほど華やかな星座が集まります。おおいぬ座とともに「冬の大三角」をつくるオリオン座こいぬ座。冬の大三角の中には、目立ちませんがいっかくじゅう座があり、こいぬ座の上方にはふたご座が横たわるのを見ることができます。

※参考文献:誠文堂新光社「星座クラブ」(著者・沼澤茂美)、日本放送出版協会「NHK銀河宇宙オデッセイ・大星夜ウオッチング」(監修・古在由秀、NHK取材班編)、ナツメ社「星空ガイド」(著者・沼澤茂美、脇屋奈々代)、教育社「NEWTONコレクションNASA宇宙開発のパイオニアスペースシャトル/歴史と未来」(監修・竹内均)