JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

りょうけん座

シェア

関連情報

分類:星座/神話

名称:りょうけん座(猟犬座)
学名:Canis Venatici
小分類:北半球
構成する主な星雲、星団、恒星:M51(子持ち銀河=渦巻き星雲)/NGC5195(渦巻き星雲)/M63(ひまわり銀河=渦巻き星雲)/M3(球状星団)/M94(渦巻き星雲)/M106(渦巻き星雲)/コル・カロリ(アルファ星)
神話の主な登場人物:アステリオン/カラ/アルカディア王/カリスト/ゼウス/アルカス
日本で観測できる時期:2月~9月の約8ヵ月間
見ごろの季節:春(20時正中は6月上旬)

うしかい座の西にある、エの字の形をした星座で、うしかいの連れる2匹の猟犬になぞらえて作られました。アルファ星のコル・カロリも3等星ですので、全体に暗く見つけにくい星座ですが、望遠鏡を向けてみると、小さな星雲(NGC5195)を連れた渦巻き星雲「子持ち星雲」や、ひまわりの形をした「ひまわり銀河」などが見られる面白い一角でもあります。

1.見つけ方のポイント
北斗七星の柄の端から、南の方向(北極星とは反対側)を見ていくと見つかります。カタカナの「エ」の字に見える3等星と4等星の集まりですが、全体に暗いので明るい都会では見つけにくいでしょう。また、うしかい座の腕にあたる部分の西を見ても見つけることができます。

2.神話の内容について
うしかい座の連れる2匹の番犬になぞらえて、17世紀のポーランドの学者、ヨハンネス・ヘヴェリウスによって命名されました。北側の犬をアステリオン、南側の犬をカラといいます。うしかい座は一説には、「熊の番人」とも呼ばれ、アルカディア王の娘カリストと大神ゼウスの間に生まれた、アルカスの姿だとも言われています。りょうけん座がおおぐま座を追うような姿なのはそのせいかもしれません。別の説ではアルカスは、こぐま座に変えられて空に昇ったと言われています。また、りょうけん座の3等星コル・カロリの名は、17世紀のイギリス王チャールズ2世の即位を記念して名づけられたもので、「チャールズの心戴という意味があります。

3.同じ時期に見える星座について
りょうけん座の北にはおおぐま座、南にはかみのけ座があります。また、東にはうしかい座かんむり座などがあり、南にはしし座おとめ座など春の代表的な星座を見ることができます。

4.主要都市での観測について
日本全国で安定して観測することができます。ただし、都市部など人工光の明るい場所では見えにくいと思われます。

※参考文献:「星座クラブ」沼澤茂美著(誠文堂新光社)、「星のポケットブック」(誠文堂新光社)、「星座天体観測図鑑」藤井旭著(成美堂出版)、「星座・夜空の四季」小学館の学習百科図鑑、「星座博物館・春」、「同・夏」、「同・秋」、「同・冬」、「同・星座旅行」瀬川昌男著(ぎょうせい)、「星空ガイド」沼澤茂美、脇屋奈々代著(ナツメ社)