JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

ケンタウルス座

シェア

関連情報

分類:星座/神話

名称:ケンタウルス座
学名:Centaurus
小分類:南半球
構成する主な星雲、星団、恒星:オメガ星団(球状星団)/NGC5128(電波銀河)/リゲル・ケンタウルス、またはアルフウケンタウリ(アルファ星、3重星)/ハダル(ベータ星)
神話の主な登場人物:ケンタウルス
日本で観測できる時期:5月~8月の約4ヵ月間
見ごろの季節:春(20時正中は6月上旬)

半人半馬のケンタウルスをかたどった星座です。南に位置するので、沖縄を除く日本では上半身の部分が地平線上に見えるだけですが、全体には、明るい星が多く華やかな星座です。足のつけねにあるオメガ星団は、球状星団としては全天で一番明るいものです。また、オメガ星団の北にあるNGC5128は強い電波を出す電波銀河で、2つの銀河が衝突しているところだといわれます。さらにアルファ星リゲル・ケンタウリは距離4.3光年と、太陽系に一番近い星として知られています。

1.見つけ方のポイント
おとめ座から南へ目を下げていくと、南の地平線上に、台形を逆さにしたような星の集まりが見えます。これがケンタウルス座の頭から肩の部分です。さらに目を下ろすと台形に連なる×字が見えてきます。これがケンタウルスの胴体です。本州ではここまでしか見えませんが、南へ行けば南十字星の北側に大きなケンタウルス座の全体像を見つけることができます。

2.神話の内容について
ケンタウルスは、上半身が人、下半身が馬の一族で、ギリシャ神話などにたびたび登場します。神話ではギリシャのテッサリア地方の山地に住むとされており、狩猟が上手く誇りの高い種族だといわれています。

3.同じ時期に見える星座について
春の南の空に低く見える星座で、北におとめ座うみへび座からす座などが一緒に見えます。また、西にはポンプ座ほ座りゅうこつ座、東にはおおかみ座コンパス座など、本州からはやや見えにくい星座が揃います。南の土地へ行くと、ケンタウルス座のすぐ南に南十字星が明るく輝いています。

4.主要都市での観測について
日本本州では上半分が地平線上に見えるだけです。全体像を見るには南の土地へ行く必要があります。

※参考文献:「星座クラブ」沼澤茂美著(誠文堂新光社)、「星のポケットブック」(誠文堂新光社)、「星座天体観測図鑑」藤井旭著(成美堂出版)、「星座・夜空の四季」小学館の学習百科図鑑、「星座博物館・春」、「同・夏」、「同・秋」、「同・冬」、「同・星座旅行」瀬川昌男著(ぎょうせい)、「星空ガイド」沼澤茂美、脇屋奈々代著(ナツメ社)