JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

向井千秋

シェア

関連情報

分類:宇宙飛行士

名前:向井千秋(Chiaki Mukai)
性別:女
国名:日本
生年:1952年(群馬県館林市)
所属宇宙機関:宇宙航空研究開発機構JAXA
飛行実績:スペースシャトルSTS-65コロンビア号)(STS-95ディスカバリー号

1977年慶應義塾大学医学部を卒業後、同大学医学部外科教室助手を務めていました。1985年8月に宇宙開発事業団(現JAXA)のスペースシャトルの搭乗科学技術者(ペイロードスペシャリスト/PS)に選ばれ、日本およびアメリカで宇宙飛行士としての訓練を始めました。1988年に医学博士号を取得しています。
毛利衛宇宙飛行士が初飛行した1992年9月のSTS-47の際には、地上支援にあたりました。
1994年7月8日のスペースシャトルSTS-65で日本人女性として初めて宇宙に飛び立ちました。STS-65ミッションでは微小重力実験(第2次国際微小重力実験室計画/IML-2)などを行い、14日17時間55分飛行し、当時の女性の宇宙最長滞在記録を更新しました。
また、1998年10月29日に打ち上げられたスペースシャトルSTS-95で史上最高齢の宇宙飛行士となったジョン・グレン上院議員らとともに飛行し、ライフサイエンスや宇宙医学の分野の実験を実施しました。

1998年にはスペースシャトルSTS-90のバックアップクルーとして、地上からの科学実験の管制業務を担当しました。

2000年8月にNASAよりスペースシャトルSTS-107ミッションの副ミッションサイエンティストに任命され、2003年1月の飛行時には材料科学、生命科学、宇宙医学実験などの研究の取りまとめを実施しました。

2004年9月から2007年9月まで、国際宇宙大学の修士コースの客員教授を務め、国際宇宙ステーションISS)での宇宙医学研究や宇宙飛行士の健康管理などの教育と研究を行いました。

2007年10月からJAXA宇宙医学生物学研究室長として、宇宙飛行士の健康管理を支える宇宙医学生物学の研究を推進しました。

2011年4月にJAXA特任参与に就任しました。

2012年7月、JAXA宇宙医学研究センター長に就任しました。

2014年2月、文部科学省、宇宙開発利用部会 国際宇宙ステーション・国際宇宙探査小委員会委員に就任しました。

2015年4月、東京理科大学副学長に就任しました。

2017年1月11日更新