JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

コンパス座

シェア

関連情報

分類:星座/神話

名称:コンパス座
学名:Circinus
小分類:南半球
日本で観測できる時期:日本からはほとんど見えません
見ごろの季節:春(20時正中は6月)

コンパス座は、全天88星座中4番目に小さな星座です。円を描くコンパスをかたどった星座で、頂点にある3等星から5度ほどに開いた細長い三角形をしています。ケンタウルス座のアルファ星の先にあるため、小さいながら比較的見つけやすいといえるでしょう。1750年代にラカーユによって作られました。この星座が作られた当時は、船乗りたちが世界を股にかけて渡り、新しい土地を発見する大航海時代でした。それで、海図を調べるコンパス座をはじめ、ぼうえんきょう座はちぶんぎ座じょうぎ座など航海に関係する道具をかたどった星座がたくさん作られました。

1.見つけ方のポイント
コンパス座は3等星から5等星が細長い三角形を作る小さな星座ですが、見つけ方は比較的簡単です。ケンタウルス座の前足にあたる明るい1等星アルファ星のすぐ先、みなみのさんかく座との間に挟まれた空間を見ると見つかります。

2.神話の内容について
コンパス座は18世紀のフランスの天文学者N・L・ラカーユ(1713〜62年)が、1750年代に作った星座です。彼の発表した南天星図の中に書かれたもので、航海の測量が使うコンパスをかたどったものです。神話とはまったく関係ありません。ラカーユは、アフリカ大陸の南端、現在の南アフリカ共和国のケープタウンに住み、南天の星の研究を行いました。

3.同じ時期に見える星座について
コンパス座が南中する7月の夕方なら、北にはじょうぎ座さそり座、すぐ東にはみなみのさんかく座くじゃく座さいだん座などが見えるでしょう。また、西にはケンタウルス座が見えます。ケンタウルス座の明るい1等星アルファ星は、コンパス座のすぐ隣ですので、コンパス座を見つける良い目印になります。また、南にはみなみじゅうじ座が見えるでしょう。

4.主要都市での観測について
日本では沖縄などで水平線すれすれに昇ります。宮古島や石垣島など、日本の南端なら、全体を見ることができます。

※参考文献:「星座クラブ」沼澤茂美著(誠文堂新光社)、「星のポケットブック」(誠文堂新光社)、「星座天体観測図鑑」藤井旭著(成美堂出版)、「星座・夜空の四季」小学館の学習百科図鑑、「星座博物館・春」、「同・夏」、「同・秋」、「同・冬」、「同・星座旅行」瀬川昌男著(ぎょうせい)、「星空ガイド」沼澤茂美、脇屋奈々代著(ナツメ社)