JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

中国国家航天局

シェア

関連情報

分類:宇宙開発機関

名称:中国国家航天局/China National Space Administration(CNSA)
国名:中華人民共和国
本部所在地:北京
設立年月日:1993年6月

中国は1960年代にゴビ砂漠の南辺、甘粛(カンスー)省の酒泉(チウチュワン)付近に東風(トンフォン)ミサイル射場を開設、1966年には東風1型(CSS-1)中距離弾道ミサイルの試射に成功しました。1970年4月、東風3型(CSS-2)を改造した長征(チャンチョン)1型ロケットで東方紅(トンファンホン)1型衛星の打ち上げに成功、旧ソ連、アメリカ、フランス、日本に次ぐ5番目の人工衛星の自力打ち上げ国となりました。

中国国家航天局(CNSA)は、1993年4月に設立された、中華人民共和国の宇宙開発事業の国際的な窓口を担当する民事宇宙機関です。職員数は100人程度で、北京に本部があります。ロケット射場の運用は人民解放軍の所掌です。中国の宇宙開発予算規模は明らかにされていませんが、2010年に欧州の調査会社が推定値として公表したところでは2009年予算は約150億元(22億ドル)としています。

CNSA設立以前は、中国航空航天工業部が中国の宇宙開発を担っていました。1992年以降、改革開放をさらに推し進めた中国政府は、国家の予算に頼らない事業収益による独立採算運営をめざして、1993年にCNSAと中国航天工業公司(CASC)を設立しました。前者は国家機関として政策を担当、後者は国営企業としてその運用を担当するとされています。両者の目的や運営形態は異なるものの、両者間で指導部や人員に共通部分が多く、実質的には同一組織が政策と運用を分担しているような形でした。1998年に大規模な構造改革が行われ、CASCは国家が所有する多数の企業に分割されました。政府機関が事業方針を決定し、その要求を国家が所有するものの運営はしない企業に発注するという、欧米の防衛産業と同様な体系を構築することを意図してのものと思われます。

2006年10月に発表された中国宇宙白書によれば、ロケット開発、有人宇宙飛行、通信および航行測位衛星、地上設備、そして宇宙科学を注力分野とし、中国宇宙開発の国家目標は中国経済の持続可能な開発に貢献し、自律した科学技術能力を高め、人類の進歩に役立て、国防力を高めることにあるとしています。

中国の宇宙開発は弾道ミサイル技術の延長線上で、独自に進められましたが、宇宙科学などにはさほど熱心でなく、1980年代中盤になって国際協力が得られるようになるまで、中国の宇宙計画が国際的な評価を受けることはありませんでした。

中国は、1986年から長征ロケットによる商業打ち上げビジネスを開始しています(初打ち上げは1990年)。費用が他の商業ロケットに比べて安上がりなのが特徴ですが、成功率が低くハイリスクなこともあって人気は下がり気味でした。しかし、1996年10月からは連続75回打ち上げを成功(2009年4月まで)させるなど、信頼性を向上させています。

有人宇宙飛行の分野に力を入れており、1999年11月20日に長征2Fロケットで無人宇宙船「神舟(シェンチョウ)1号」の打ち上げ、および帰還カプセルの帰還に成功しました。その後も3回の無人打ち上げ試験を実施し、ついに2003年10月15日には空軍の楊利偉(ヤン・リーウェイ)中佐1名が搭乗する「神舟5号」による有人宇宙飛行に成功。「神舟5号」は約21時間かけて地球を14周した後、着陸に成功しました。これにより中国は旧ソ連、アメリカに次いで世界で3番目に自力での有人宇宙飛行を達成した国となりました。続く「神舟6号」では2名、「神舟7号」では3名の宇宙飛行士を搭乗させて有人宇宙飛行に成功しています。長期的な目標として、2020年までに独自の軌道有人ステーションを持ち、最終的には月への有人探査を行う計画を表明しています。

月への有人探査を目指す中国は月探査にも取り組んでおり、2007年、中国初の月探査機である月周回探査機「嫦娥(チャンウ)1号」を長征3Aにより打ち上げ、月周回軌道に乗せることに成功しました。嫦娥計画では、今後も月に探査機を送り込む計画であり、最終目標としてサンプルリターンミッションの達成を目指しています。

宇宙技術を用いた外交(宇宙協力)活動を幅広く展開しており、アジア太平洋宇宙協力機構(APSCO)の設立を主導しています。

1.どのような組織になっているの?
中国国家航天局は、国務院工業・情報化部(MIIT)国防科学技術工業局(SASTIND)の下に設置されており、下部機関として中国航天科技集団公司(CASC)と中国航天科工集団公司(CASIC)があります。CASCの下には、中国打ち上げロケット研究院(CALT)、中国宇宙技術研究院(CAST)、上海航天技術研究院(SAST)などの主要な研究院と
衛星通信を行う中国衛星通信集団公司(China Satcom)、長征ロケットなどを製造する中国長城工業総公司(CGWIC)などがあります。
また、内蒙古自治区の酒泉、四川省の西昌(シーチャン)、山西省太原(タイユワン)にある3ヵ所の衛星打ち上げセンターと西安衛星追跡センターは、国家中央軍事委員会の下部組織、である人民解放軍総装備部が管轄しています。

2.地図上ではどの辺にあるの?
中国の北京に本部があります。

3.これまでに行った宇宙計画とこれから予定している計画にはどんなものがあるの?
中国は、1986年から長征ロケットによる商業打ち上げビジネスを開始しています(初打ち上げは1990年)。最近では、ナイジェリア、ベネズエラ等の開発途上国に高性能の中国製通信衛星を打ち上げるサービスを提供しています。
有人宇宙飛行の分野に力を入れており、2003年10月15日には空軍の楊利偉(ヤン・リーウェイ)中佐1名が搭乗する「神舟5号」による有人宇宙飛行に成功。旧ソ連、アメリカに次いで世界で3番目に自力での有人宇宙飛行を達成した国となりました。

月への有人探査を目指す中国は月探査にも取り組んでおり、2007年、中国初の月探査機である月周回探査機「嫦娥(チャンウ)1号」を長征3Aにより打ち上げ、月周回軌道に乗せることに成功しました。嫦娥計画では、今後も月に探査機を送り込む計画であり、最終目標としてサンプルリターンミッションの達成を目指しています。

代表的な人工衛星として、双星科学衛星、実践(SJ)科学衛星、中星(ZX)静止通信衛星風雲(FY)気象衛星、FSW微小重力実験衛星、CBERS地球資源衛星(ブラジルと共同)、海洋衛星(HY)、環境衛星(HJ)、遥感衛星(YG)、北斗(BD)航行測位衛星、天鏈(TL)データ中継衛星などがあります。

4.これまでに開発したロケットで代表的なものは?
地球低軌道(LEO)向けの長征2C、2D、有人宇宙船打ち上げ用の長征2F、静止トランスファー軌道(GTO)向けの長征3A、3Bおよび3C、太陽同期軌道向けの長征 4B、4Cなどがあります。

5.ロケットはどこで打ち上げるの?
酒泉宇宙センター西昌宇宙センター太原宇宙センター、海南宇宙センターの4ヵ所がありますが、主力ロケット長征3号による静止軌道への打ち上げは西昌から行われています。

6.これまでに開発した宇宙ステーションで代表的なものは?
2020年までに独自の軌道有人ステーション「天宮」を持ち、最終的には月への有人探査を行う計画を表明しています。

7.予算はどれくらいなの?
中国の宇宙開発予算規模は明らかにされていませんが、2010年に欧州の調査会社が推定値として公表したところでは2009年予算は約150億元(22億ドル)としています。