JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

はと座

シェア

関連情報

分類:星座/神話

名称:はと座(鳩座)
学名:Columba
小分類:南半球
構成する主な星雲、星団、恒星:NGC1851(球状星団)/ファクト(アルファ星)/ウェズン(ベータ星)
神話の主な登場人物:ノア
日本で観測できる時期:12月~3月の約4ヵ月間
見ごろの季節:冬(20時正中は2月上旬)

冬の南の空に見える星座で、オリーブの葉をくわえた鳩の姿を表しています。3等星が多く、しかも見える位置が南の地平線近くなので、見つけるのは難しいでしょう。望遠鏡による観測では、右下のあたりに球状星団NGC1851を見ることができます。17世紀のはじめ、バイエルによって作られた星座ですが、後にロワーエによって採用されてから一般に広まりました。

1.見つけ方のポイント
冬の南の空、オリオン座の下(南)にあるうさぎ座の、さらに下を見ていくとアルファベットのYの字が横倒しになったような星の並びが見えます。それがはと座です。南の空低くに見え、しかも3等星が多いので、日本では見つかりにくいかもしれません。一般に、空の低い位置に見える星座は、大気の層が邪魔をして光が弱くなり、見つけにくくなります。

2.神話の内容について
旧約聖書の中の、ノアの箱船の話に出てくる鳩を表したものだといわれています。神はあるとき、人間が悪いことばかりしているのに怒り、地上に大洪水を起こしてすべての生き物を葬り去ろうとします。ただし、心正しいノアの一族だけは助けることにしました。神はノアに命じて、大きな箱船を作らせ、すべての生き物を雌雄2匹づつ乗り込ませます。やがて大雨が40日間も降って洪水が起こり、ノアたちを除いてすべての生き物は死に絶えてしまいました。洪水は長い間続きましたが、ある日、ノアは様子を見るために鳥を放してみます。最初はカラスを放しますが、カラスは地上を見つけることができませんでした。次にノアは鳩を放しました。やがて鳩はオリーブをくわえて戻ってきました。それでノアは洪水がおさまったことを知ったのでした。

3.同じ時期に見える星座について
冬の南の空に見える星座たちと一緒に見ることができます。まず、北にはオリオン座うさぎ座、南東にはおおいぬ座いっかくじゅう座こいぬ座、東にはとも座らしんばん座、西にはエリダヌス座、ろ座などが見えます。

4.主要都市での観測について
日本全国で観測できますが、良好に見るためには、南の方へ行った方が良いでしょう。

※参考文献:「星座クラブ」沼澤茂美著(誠文堂新光社)、「星のポケットブック」(誠文堂新光社)、「星座天体観測図鑑」藤井旭著(成美堂出版)、「星座・夜空の四季」小学館の学習百科図鑑、「星座博物館・春」、「同・夏」、「同・秋」、「同・冬」、「同・星座旅行」瀬川昌男著(ぎょうせい)、「星空ガイド」沼澤茂美、脇屋奈々代著(ナツメ社)