JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

かみのけ座

シェア

関連情報

分類:星座/神話

名称:かみのけ座(髪座)
学名:Coma Berenices
小分類:北半球
構成する主な星雲、星団、恒星:かみのけ座銀河団(約800個の銀河を含む銀河の集まり)/Mel.111(散開星団)/M53(球状星団)/M64(黒眼銀河=渦巻き銀河)/M85(楕円銀河)/NGC4565(渦巻き銀河)
神話の主な登場人物:ベレニケ/プトレマイオス3世/アフロディーテ
日本で観測できる時期:2月~9月の約8ヵ月間
見ごろの季節:春(20時正中は5月下旬)

おとめ座の北、しし座うしかい座の間に4等星と5等星がごちゃごちゃとかたまっているところがあります。それがかみのけ座で、決まった形を見つけるのがとても難しい星座です。しかし望遠鏡を向けてみると、距離約数千万光年の銀河が800個以上も集まる「かみのけ座銀河団」があり、専門家から非常に注目されている星座でもあります。他にも、眼のように見えるM64黒眼星雲などがあり、観測には面白い星座です。

1.見つけ方のポイント
おとめ座のスピカ、うしかい座のアークトゥールス、しし座のデネボラの3星で作る「春の大三角」から、北斗七星の方角へ少し目をずらすと、小さな星が妙にかたまっている場所があります。そこがかみのけ座です。かみのけ座からさらに北の方向へ目を移していくと、りょうけん座を見つけることができます。

2.神話の内容について
星の学名は「ベレニケの髪の毛」といい、紀元前2世紀に実在したエジプト王妃ベレニケ2世にちなんでいます。ベレニケは、夫のプトレマイオス3世がシリアとの戦いに出陣したとき、夫の勝利を祈願してアフロディーテの神殿に自分の髪の毛を捧げました。プトレマイオスは、やがてシリアとの戦争に大勝利しますが、帰ってくると不思議なことに神殿の髪の毛が消え、代わりに空に髪の毛の形をした星座が輝いていました。それがかみのけ座の由来です。かみのけ座は、1602年にティコ・ブラーエによって正式に星座に加えられました。

3.同じ時期に見える星座について
かみのけ座の周りには、春の大三角を作るうしかい座おとめ座しし座などが見られます。また、北にはりょうけん座おおぐま座があり、おとめ座のさらに南には、からす座コップ座うみへび座などが見られます。

4.主要都市での観測について
日本全国で安定して観測することができます。ただし暗いので、都市部などの人工光の明るい場所ではとても見えにくいでしょう。

※参考文献:「星座クラブ」沼澤茂美著(誠文堂新光社)、「星のポケットブック」(誠文堂新光社)、「星座天体観測図鑑」藤井旭著(成美堂出版)、「星座・夜空の四季」小学館の学習百科図鑑、「星座博物館・春」、「同・夏」、「同・秋」、「同・冬」、「同・星座旅行」瀬川昌男著(ぎょうせい)、「星空ガイド」沼澤茂美、脇屋奈々代著(ナツメ社)