JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

こども宇宙ニュース (2009-10-26) H-IIBロケット大解剖

シェア

関連情報

日本に今まで一番力持ちのロケットが誕生しました。その名はH-IIB(エイチツービー)ロケット。2009年9月11日に、たくさんの荷物を積んだ宇宙ステーションへの貨物便(宇宙ステーション補給機)を先端に積んで初打ち上げに見事成功しました。

種子島宇宙センターで発射前のH-IIBロケット。全長57メートル。質量531トン。下の方の人と比べると大きさがわかる。
種子島宇宙センターで発射前のH-IIBロケット。全長57メートル。質量531トン。下の方の人と比べると大きさがわかる。

H-IIBロケットは、H-IIAロケットの技術をいかして、さらにパワーアップしたロケットです。どこがどうパワーアップしたのか、下の解剖図で順番に見ていきましょう。まず、一番下、第一段エンジンLE-7AH-IIAロケットでは1基でしたが、H-IIBでは2基並んでいます。また、第一段のタンクの直径が4メートルから5.2メートルに太くなりました。さらに、先端に荷物を入れるフェアリングは、大きな荷物に対応でいるように長さを12メートルから15メートルに長くしています。

H-IIAロケットからH-IIBロケットに変更したところ。見た目は似ているが、よく見ると変更されている。また機体を強くするなど見えないところでも変更されているところがある。
H-IIAロケットからH-IIBロケットに変更したところ。見た目は似ているが、よく見ると変更されている。また機体を強くするなど見えないところでも変更されているところがある。

H-IIBロケット国際宇宙ステーションに16.5トンもの荷物を運ぶことができます。引っ越しトラックは2トンの荷物を積むから約8台分です。その力をいかして、一度に複数の人工衛星を打ち上げたり、月面に物資を運んだりすることができます。2010年度にも、宇宙ステーション補給機を打ち上げる予定ですので、注目して下さい。