JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

こども宇宙ニュース (2013-08-02) 流れ星のシャワー「ペルセウス座流星群」を観察しよう

シェア

関連情報

夏休み、流れ星に願いをかける絶好のチャンスがあるのを知っていますか?8月には毎年、数多くの流れ星が見られる特別な夜があります。

そもそも流れ星とは何でしょう。星座を作っている夜空の星が、一つずつ落ちてきていると思っている人はいませんか?もちろん、そんなことはありません。流れ星がいくら流れても夜空の星は減らないので、安心してください。

流れ星とは、宇宙空間に漂っている小石のようなもの(正しくは流星物質と呼ばれます)が地球に落ちてきたときに、地球の大気とぶつかって光る現象です。流星物質は、大きさが1cmくらいの小さなものです。星というより、「星くず」ですね。宇宙から流れ星をみると、下の写真のように見えます。

国際宇宙ステーションから撮影した流れ星(提供 NASA)
国際宇宙ステーションから撮影した流れ星(提供 NASA)

この「星くず」がまとめて落ちてくるときの現象を、流星群と呼んでいます。多いときは流れ星のシャワーのように見えます。流星群は一年に何度か観察できますが、毎年8月12、13日頃を中心に見られる活発な流星群を、ペルセウス座流星群と呼んでいます。これは、流れ星がペルセウス座の方向からやってくるように見えるためです。

ペルセウス座流星群極大期の夜空の様子(提供 国立天文台)
ペルセウス座流星群極大期の夜空の様子(提供 国立天文台)

拡大画像は、国立天文台のペルセウス座流星群サイトで見ることができます。

夏休みということもあり、ペルセウス座流星群はとても観察しやすいので、ぜひチャレンジしてみてください。今年の場合、一番多く流れる時間に月が沈んでいるので、暗い夜空を期待できます。

観察にもっとも適した日時: 8月12日の真夜中から13日明け方
観察に適した場所: 空を広く見渡すことができ、町からなるべく離れた暗い場所
観察方法: 寝転んで夜空を見上げる

観察するのに特に道具は必要ありません。まずは方向も気にせずに、見やすい方向の広い空を眺めてください(もちろん晴れている方です)。目を慣らすために、最低15分は観察することをお勧めします。慣れてきたら、流れた場所と方向を記録してみましょう。流れ星がペルセウス座方向から流れてくることを確認できれば、完璧です。

もっとも条件がよい場合で、1時間に50個以上の流れ星が見えると予想されています。数が一番多い時間(極大期)は、8月12日真夜中から13日明け方です。この日に見られなくても8月7~15日の期間中ならば、いつもより多く流れ星が見られますので、天気の様子も見ながら条件のよい日にチャレンジしてみてください。極大期に近いほど、多の流れ星が見られます。

最後に、流れ星のもとである星くずのふるさとのお話をしましょう。ほとんどの星くずは、彗星(ほうき星)が太陽系の中にまき散らしたものです。ペルセウス座流星群の場合は、スウィフト・タットル彗星がまき散らした星くずであることが分かっています。彗星は、その性質から「汚れた雪玉」とも言われますが、太陽系に星くずをまき散らす汚し屋さんなのです。家の中に泥や砂をまき散らして、今は怒られてばかりの誰かさんも、将来は彗星のように輝いて大活躍する大人になるかもしれませんね。

今年は、11月下旬に世紀の大彗星となりそうなアイソン彗星がやってきます。こちらも楽しみにしながら、まずは夏の夜空に降りそそぐ星くず達を大いに楽しみましょう。願いごとを決めておくのを忘れずに!

よりくわしい情報は、以下の国立天文台のサイトにあります。
ペルセウス座流星群
アイソン彗星