JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

こども宇宙ニュース (2015-03-31) 4月4日の皆既月食をみんなで見よう!

シェア

関連情報

2015年4月4日(土)の夜は月に注目してください。東の空を見てみましょう。午後7時15分から部分食が始まります。そして午後8時54分から午後9時6分の12分間は、月がはっきりと欠けたように見える「皆既月食」となります。その後、また部分食となり、午後10時45分に満月の状態に戻ります。

2015年4月4日の皆既月食。東京での見え方。東の空で月が欠けはじめ、南東の空で皆既月食となります。東~南東の空が開けた場所を探しておきましょう。
2015年4月4日の皆既月食。東京での見え方。東の空で月が欠けはじめ、南東の空で皆既月食となります。東~南東の空が開けた場所を探しておきましょう。

数時間の間に月が欠けたように見えるなんてふしぎですね。なぜ皆既月食は起こるのでしょうか?月は地球の周りを回り、地球太陽の周りを回っています。この3つの天体が「太陽地球―月」の順番に一直線に並び、地球の影に月がすっぽり入って太陽の光をさえぎった時に、皆既月食が起こるのです。

月食のしくみ(国立天文台 天文情報センター)
月食のしくみ(国立天文台 天文情報センター)

月は約1か月で地球の周りを一周していて、満月もこの「太陽地球―月」の位置関係の時に見られます。それならなぜ、満月のたびに月食が起こらないのでしょうか?確かに 太陽地球、月が同じ平面上を動いていれば毎回、月食が起こるはずです。しかし、地球の公転する軌道と月の公転する軌道は、5度ぐらい傾いています。この傾きがあるために、満月の時には月が地球の影に入らず、影の上下にずれていることが多く、月食が起こらないのです。

皆既月食はまれな現象であることがわかりましたね。注目してほしいのは皆既月食の時の月の「色」です。地球の影に入って真っ暗になっているはずの月が、うっすらと赤く輝いているでしょう。これは地球をとりまく大気の層を通った太陽の光が、地球大気の影響で曲げられて、月面をほんのり照らしているからです。

皆既月食の時、ほんのりと赤黒い「赤銅色」の月。英語では「ブラッドムーン(ブラッドは「血」の意味)とも呼ばれます。
皆既月食の時、ほんのりと赤黒い「赤銅色」の月。英語では「ブラッドムーン(ブラッドは「血」の意味)とも呼ばれます。

光の成分のうち青い光は散乱され、大気を通過することがほとんどできませんが、赤い光は散乱されにくく大気を通り抜けてやってくるために、月が赤く見えるのです。この皆既月食の時の月の色や明るさは、地球の大気の状態によってかなり違って見えます。

たとえば1993年6月4日の皆既月食では月はかなり暗かったと報告されています。これは1991年6月にフィリピンのピナツボ火山が噴火し、大気中に火山灰や噴火ガスから作られた小さなチリが漂って、光を遮ったためと考えられています。だから月食は「地球大気の状態を知るものさし」なのです。

次に皆既月食が日本全国で見られるのは、約3年後の2018年1月31日。今回は貴重な機会です。しかも土曜日の夜のそれほど遅くない時間帯です。桜が咲いている時期なので、お花見をしながら月を観察してみてください。写真を撮ったりスケッチをしたりした方はぜひ、投稿してくださいね。(スケッチの用紙もダウンロードできます。)

「みんなで皆既月食を観察しよう」キャンペーン