JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

さくら3号

シェア

関連情報

分類:人工衛星

名称:実験用静止通信衛星「さくら3号a」/CS-3a(Communications Satellite-3a)、実験用静止通信衛星「3号b」/CS-3b(Communications Satellite-3b)
小分類:通信放送衛星
開発機関・会社:宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))/日本電信電話株式会社(NTT)
運用機関・会社:宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))/通信・放送機構(TAO)/日本電信電話株式会社(NTT)など
打ち上げ年月日:1988年2月19日(CS-3a)/1988年9月16日(CS-3b)
運用停止年月日:1996年5月31日(CS-3a)/1996年5月31日(CS-3b)
打ち上げ国名・機関:日本/宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
打ち上げロケット:H-I
打ち上げ場所:種子島宇宙センター(TNSC)
国際標識番号:1988012A(CS-3a)/1988086A(CS-3b)

通信衛星(CS=Communications Satellite)は、離島を含む国内の中継回線や臨時通信回線の確保、そして新しい通信サービスの実現など、ますます増大し多様化する、通信需要に対処することを目的としています。そして、さらに通信衛星に関する、技術的な蓄積と開発を進めるという目的を持っています。
さくら3号a」、「さくら3号b」は、先代の「さくら2号」に比べて通信性能や経済性・信頼性の向上を図るとともに、国産技術が大幅に採用されています。搭載中継器数の増加(8系統から12系統へ)、長寿命化(3年から7年へ)などの性能が大幅に向上しました。

1.どんな形をして、どんな性能を持っているの?
円筒型をし、直径は218cm、高さは356cm(通信用アンテナを含む)、重量は約1,099kg(打ち上げ時)、約650kg(静止衛星軌道上初期)となっています。
通信衛星3号はスピン安定方式という姿勢制御方式を採用し、常に地球を指向する上部にある通信用のデスパン部と、1分間に90回転するスピン部で構成されています。また円筒型表面には太陽電池が貼られています。通信用中継器には、30/20ギガヘルツ帯(Kaバンド)10チャンネル、6/4ギガヘルツ(Cバンド)2チャンネルの通信チャンネルがあります。日照、日陰を問わず、Kaバンドによって沖縄を含む日本全土の大部分を、そしてCバンドによって離島を含む日本全土を対象とした、通信に使用することができます。

2.どんな目的に使用されるの?
離島を含む国内中継回線、臨時通信回線、新しい形態の回線サービスなどを提供する国内通信業務や、公共用通信などに利用されています。

3.宇宙でどんなことをし、今はどうなっているの?
さくら3号a」は1988年5月16日から、「さくら3号b」は1988年12月8日から、「さくら2号a」、「さくら2号b」に代わって通信サービスに利用されました。その後、「さくら3号a」は1995年11月30日に定常運用を終了、1996年5月31日に運用を停止しました。「さくら3号b」は1996年5月31日に定常運用を終了しました。

4.このほかに、同じシリーズでどんな機種があるの?
さくら」、「さくら2号a」、「さくら2号b」があります。

5.どのように地球を回るの?
さくら3号a」は東経132度の静止衛星軌道、「さくら3号b」は東経136度の静止衛星軌道です。

※参考文献:大林辰蔵・監修「日本の宇宙科学1952→2001」(東京書籍)、斎藤成文・著「日本宇宙開発物語」(三田出版会)