JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

キューポラ

シェア

関連情報

国際宇宙ステーションから地球を観察する窓

国際宇宙ステーションに設置された観測用のユニットで、国際宇宙ステーションの外を見ることができる場所です。国際宇宙ステーション組立フライト20A(スペースシャトルミッションSTS-130)で、2010年2月8日(日本時間)にスペースシャトルエンデバー号で打ち上げられました。

「キューポラ」には1枚の天窓と6枚の窓があり、「トランクウィリティー(結合モジュール3)」の地球側の結合機構に取り付けられています。「キューポラ」が設置されたことで、広い視野で国際宇宙ステーションの中から船外を見ることができるようになりました。地球観測のほか、国際宇宙ステーションのロボットアーム「カナダアーム2(SSRMS)」の操作や船外活動の様子、地球からフライトする宇宙機を目で見て確認することができます。

高さは約1.5m、最大直径は約3m、重さは約1,880kgで、一番大きい天窓の直径は80cmです。外側にはデブリを防ぐためのシャッターが付けられ、通常は閉めたままで使用するときに手動操作で開閉します。中には、「カナダアーム2(SSRMS)」の操作盤も設置されています。

ヨーロッパ宇宙機関(ESA)が開発したユニットですが、所有権はアメリカ航空宇宙局NASA)にあります。

2010年2月、「トランクウィリティー」(第3結合部)の地球側の共通結合機構に移設された「キューポラ」(画像提供:NASA)
2010年2月、「トランクウィリティー」(第3結合部)の地球側の共通結合機構に移設された「キューポラ」(画像提供:NASA)
2010年2月、国際宇宙ステーションに取り付けられ、シャッターを開けた「キューポラ」。「キューポラ」の打ち上げ時には、野口聡一宇宙飛行士が、第22次・第23次長期滞在クルーとして、国際宇宙ステーションに滞在しました。(画像提供:NASA)
2010年2月、国際宇宙ステーションに取り付けられ、シャッターを開けた「キューポラ」。「キューポラ」の打ち上げ時には、野口聡一宇宙飛行士が、第22次・第23次長期滞在クルーとして、国際宇宙ステーションに滞在しました。(画像提供:NASA)