JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

おりづる

シェア

関連情報

分類:人工衛星
名称:伸展展開機能実験ペイロード「おりづる」/DEBUT(Deployable Boom and Umbrella Test)
小分類:技術開発・試験衛星
開発機関・会社:航空宇宙技術研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))/日本電気(株)/日産自動車(株)/日本飛行機(株)
運用機関・会社:宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
打ち上げ年月日:1990年2月7日
打ち上げ国名・機関:日本/宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
打ち上げロケット:H-I(「もも(MOS-1b)」と相乗り)
打ち上げ場所:種子島宇宙センター(TNSC)
国際表記番号:1990013B

伸展展開機能実験ペイロード「おりづる」は、空力傘の展開・収納実験を主な目的として開発され、打ち上げられました。設計寿命は約10日間(内部1次電池の容量により)でした。

1.どんな形をして、どんな性能を持っているの?
多面体の箱に、傘が取り付けられたような形をしています。重量は約50kgで、大きさは次のとおりです。
収納時は、対辺440mm(構体26面体)、高さ470mm(構体+ブーム+空力傘)で、
展開時は、対辺950mm(空力傘展開)、高さ1,935mm(構体+ブーム伸展+空力傘展開)となります。

2.どんな目的に使用されるの?
微小重力環境を得るためのテザー/ブーメラン衛星の主要機構要素の実証のため、以下のことを実行する目的で開発されました。
・ブームの伸展・展開実験
・空力傘の伸展・収納実験
・伸展・展開時の振動特性の測定

3.どのように地球を回るの?
高度約900kmから1,600km、傾斜角約99度、周期106分の楕円軌道です。

※参考文献:大林辰蔵・監修「日本の宇宙科学1952→2001」発行・東京書籍、斎藤成文・著「日本宇宙開発物語」三田出版会・発行