JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

いるか座

シェア

関連情報

分類:星座/神話

名称:いるか座(海豚座)
学名:Delphinus
小分類:北半球
構成する主な星雲、星団、恒星:スアロキン(アルファ星)/ロタネブ(ベータ星)/ガンマ星(2重星)
神話の主な登場人物:アリオン
日本で観測できる時期:7月~12月の約6ヵ月間
見ごろの季節:夏(20時正中は9月下旬)

紀元前1200年ごろにはすでにあった古い星座です。4つの星がトランプのダイヤ形に並び、その先にもうひとつ4等星が付いた形をしています。あまり明るくない星座ですが、小さくまとまっているので見つけやすいでしょう。本物のイルカは海の人気者ですが、古い星座図などを見ると、このイルカは背びれなどがとがった、どう猛な感じのする生き物として描かれています。

1.見つけ方のポイント
わし座のアルファ星アルタイルから、北東の方向(はくちょう座より少し左寄りの方向)に目を移すと、小さなダイヤ形をした星の集まりが見えます。そのダイヤ形から南にもう1個4等星をくっつけたのが、いるか座です。4等星ばかりで暗いものの、小さくまとまっているので見つけやすい星座です。

2.神話の内容について
ギリシャ神話では、楽人アリオンを助けたイルカの一匹だとされています。音楽の名人アリオンは、船旅の途中で船乗りたちから命を狙われます。絶体絶命のアリオンは、「最後に一回だけリュート(古い楽器)を弾かせてください」と頼みます。やがてアリオンがリュートを弾き始めると、その美しさに聞きほれて、海のイルカたちが集まってきました。アリオンはすきを見て海に身を投げますが、イルカたちが彼を助け、無事に岬まで送り届けたのでした。

3.同じ時期に見える星座について
いるか座の周囲には小さい星座が多く、北西に、や座こぎつね座が見えます。また、北にはくちょう座、西にわし座、南にこうま座みずがめ座ペガスス座を見つけることができるでしょう。

4.主要都市での観測について
日本全国で観測することができます。

※参考文献:「星座クラブ」沼澤茂美著(誠文堂新光社)、「星のポケットブック」(誠文堂新光社)、「星座天体観測図鑑」藤井旭著(成美堂出版)、「星座・夜空の四季」小学館の学習百科図鑑、「星座博物館・春」、「同・夏」、「同・秋」、「同・冬」、「同・星座旅行」瀬川昌男著(ぎょうせい)、「星空ガイド」沼澤茂美、脇屋奈々代著(ナツメ社)