JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

デルタE

シェア

関連情報

分類:ロケット
名称:デルタE(Delta E)
打ち上げ国名/機関:アメリカ/アメリカ航空宇宙局(NASA)
開発機関/会社:アメリカ航空宇宙局(NASA)
運用機関/会社:アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げ場所:ケープカナベラル空軍基地/バンデンバーグ空軍基地
運用開始年:1965年
運用終了年:1971年

3本の固体ロケット・ブースタを装備したデルタDの発展型で、TAID(ThrustAugmented Improved Delta=推力増強改良型デルタ)と呼ばれています。第1段とブースタはデルタDの改良型ですが、第2段、第3段が改設計されており、より大型のペイロードを打ち上げられるようになりました。そのため、外形的にはペイロードフェアリングが大きくなっています。

1.どんな形をし、どんな性能を持っているの?
第1段はロケットダインMB-3エンジンとサイオコール・キャスター・ロケットブースタ3本という、デルタDと同じ組み合わせですが、エンジンは推力78tのMB-3-3に、ブースタはTX354-5キャスター2(3本合計の推力83.9t)に変更されています。しかし、外見上大きく異なるのが第2段より上で、第2段は直径1.77mのエアロジェットAJ10-118Eエンジンに変更されました。AJ10-118EはデルタB/C/DのAJ10-118Dと大きな違いはありませんが、推進剤のタンクが大型化されています。第3段もデルタDと同じスカウトX-258アルスター2ですが、1967年7月に初めて打ち上げられた発展型デルタE1ではサイオコールFW-4D(推力2.6t)に換装されています。

2.打ち上げや飛行の順序はどうなっているの?
第1段の燃焼時間は150秒で、この間にキャスター2ブースタが37秒間燃焼します。第2段は推進剤タンクを大型化したため、400秒間燃焼します。さらに第3段で軌道に乗りますが、キャスター2の燃焼時間が28秒なのに対し、デルタE1のFW-4Dは32秒と長く、より大きなペイロードをより高い軌道に投入できます。静止軌道への打ち上げは、すべてデルタE1で行なわれています。

3.どんなものを打ち上げたの?
エクスプローラー29/33/34/35/36/41、パイオニア6/7/8、ESSA2/3/4/5/6/9、インテルサット2 F1/F2/F3/F4、TTS2、TATS2、HEOS1、ISIS1/2を打ち上げました。

4.どのくらい成功しているの?
1965年11月6日にデルタEが最初の打ち上げに成功、1966年7月1日にはデルタE1も成功しています。打ち上げ回数はデルタEが6回、デルタE1が17回で、うち22回に成功、1回だけ失敗しているようです。

5.この他に、同じシリーズでどんな機種があるの?
デルタA/B/C/D/G/J/M/Nがあります。