JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

デルタB

シェア

関連情報

分類:ロケット
名称:デルタB(DSV-3B)
打ち上げ国名・機関:アメリカ
開発機関・会社:マクドネル・ダグラス社
運用機関・会社:アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げ場所:ケープカナベラル空軍基地
運用開始年: 1962年
運用終了年: 1964年

デルタ(ソア・デルタ)は、ソアロケットから発展した衛星打ち上げ機で、1960年に初飛行しました。アルファベットの付いたデルタのシリーズには、デルタAからデルタNまでの型があります。デルタB(DSV-3B)は、デルタAの第2段を0.9m延長して推進剤搭載量を増やした型で、低軌道ペイロードが375kgに増大しています。

1.どんな形をし、どんな性能を持っているの?
デルタBは3段式で、第1段は直径2.44m、ケロシン/液体酸素を推進剤とする推力68tのMB-3エンジン1基があります。第2段は直径0.81mで、非対称ジメチルヒドラジンを燃料、赤煙硝酸を酸化剤とする推力6.3tのAJ-10エンジン1基があります。第3段には、推力1.25tの固体推進剤ロケットABL-X-248が1基使われています。低軌道ペイロードは375kgになります。

2.打ち上げや飛行の順序はどうなっているの?
デルタBは第1段によって高度約66km、第2段で高度約260kmにまで達し、第3段を毎分140回転に回転させてから切り離します。その後第3段に点火して、衛星軌道速度を得ます。

3.どんなものを打ち上げたの?
シンコム1/2、リレイ1/2、テルスター2、エクスプローラー17を打ち上げました。

4.どのくらい成功しているの?
1962年から64年までの間に8回打ち上げられ、7回成功しています。

5.この他に、同じシリーズでどんな機種があるの?
デルタA/デルタB/デルタC/デルタD/デルタE/デルタG/デルタJ/デルタM/デルタNがあります。