JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

デクスター

シェア

関連情報

人間の上半身のような形をしたロボットアーム

「デクスター」(特殊目的ロボットアーム)は、国際宇宙ステーションのロボットアーム「カナダアーム2 (SSRMS)」の先端に取り付ける小型のロボットアームで、国際宇宙ステーションの整備や維持、保守点検などに使われています。「カナダアーム2(SSRMS)」の技術を応用して、カナダ宇宙庁(CSA)が設計・開発しました。土井隆雄宇宙飛行士が搭乗した国際宇宙ステーション組立フライト1J/A(スペースシャトルミッションSTS-123)で、2008年3月11日(日本時間)に日本実験棟「きぼう」の船内保管室と共にスペースシャトルエンデバー号国際宇宙ステーションに運ばれ、船外活動で組み立てられました。長さは3.66m、重量は1,688kgです。

「デクスター」には、それぞれ7個の関節部を持つ2本のアーム、照明機器、TVカメラ、2本のアームの先端に取り付けて使用するための4つの工具、軌道上交換ユニットの仮置き場が装備されています。国際宇宙ステーションの中の宇宙飛行士や地上の管制室の技術者は、「デクスター」のTVカメラが映し出す映像を見ながら、本体の両脇に取り付けられた2本のアームを操作します。「デクスター」によって、これまで宇宙飛行士船外活動で行っていた複雑な作業や、「カナダアーム2(SSRMS)」では対応できない細かい作業を、ロボット操作で行うことができるようになりました。

使用しない時は、アメリカ実験棟「デスティニー」の外壁で保管されています。

2008年3月、アメリカ実験棟「デスティニー」の外壁に設置された「デクスター」(画像提供:NASA)
2008年3月、アメリカ実験棟「デスティニー」の外壁に設置された「デクスター」(画像提供:NASA)
2008年3月、「カナダアーム2(SSRMS)」の先に取り付けられた「デクスター」(画像提供:NASA)
2008年3月、「カナダアーム2(SSRMS)」の先に取り付けられた「デクスター」(画像提供:NASA)