JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

かじき座

シェア

関連情報

分類:星座/神話

名称:かじき座(旗魚座)
学名:Dorado
小分類:南半球
構成する主な星雲、星団、恒星:大マゼラン雲(銀河)/NGC2070(タランチュラ星雲・散光星雲)/NGC1566(スパニッシュダンサー・渦巻き星雲)
神話の主な登場人物:-
日本で観測できる時期:日本からはほとんど見えない
見ごろの季節:冬(20時正中は1月下旬)

口の先がとがった海の魚、かじきを星座にしたものです。星座自体はさほど目立ちませんが、かじき座の中には「大マゼラン雲」があるので有名です。大マゼラン雲は我らが銀河系のお隣の星雲で、約20万光年離れた場所にあり、目で見ても、うすぼんやりした雲のように見えます。また、大マゼラン雲と重なって、全天でも一番美しいといわれるタランチュラ星雲(蜘蛛に似ています)があるなど、見物の多い星座です。

1.見つけ方のポイント
南半球の夏(日本の冬)に、南の空に現われる星座で、細長いひし形の先に1本の線をつないだような形をしています。ひし形がかじきの体で、1本の線がとがった口先です。大マゼラン雲のすぐそばを見ると、ひし形が見つかるでしょう。そこからレチクル座の方向へ口の先が伸びています。ただし、星座自体は3等星や4等星ばかりなので、あまり明るいとはいえません。

2.神話の内容について
海にすむ、口の先がとがった魚、かじきを星座になぞらえたもので、神話とは関係ありません。1603年にドイツの天文学者ヨハン・バイエルによって発表された星図「ウラノメトリア」に載せられたのが最初だといわれます。

3.同じ時期に見える星座について
南半球の夏(日本の冬)に、南の空に見えます。日本ではなじみが薄いですが、その周囲の星座と一緒に見えます。まず、かじき座の北にはとけい座エリダヌス座、西にはレチクル座みずへび座が見え、その向こうに小マゼラン雲が見えるでしょう。また南には、まず大マゼラン雲が見え、その向こうにテーブルさん座やとびうお座が見え、東にはがか座りゅうこつ座はと座などが見えます。

4.主要都市での観測について
日本では、奄美大島でもその一部が見えるだけで、ほとんど見えないといっていいでしょう。見るためには南の土地へ行く必要があります。

※参考文献:「星座クラブ」沼澤茂美著(誠文堂新光社)、「星のポケットブック」(誠文堂新光社)、「星座天体観測図鑑」藤井旭著(成美堂出版)、「星座・夜空の四季」小学館の学習百科図鑑、「星座博物館・春」、「同・夏」、「同・秋」、「同・冬」、「同・星座旅行」瀬川昌男著(ぎょうせい)、「星空ガイド」沼澤茂美、脇屋奈々代著(ナツメ社)