JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

エコー

シェア

関連情報

分類:人工衛星

名称:エコー1号・エコー2号(Echo 1・Echo 2)
小分類:通信放送衛星
開発機関・会社:国防高等研究計画局(ARPA)/アメリカ航空宇宙局(NASA)
運用機関・会社:アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げ年月日:1960年8月12日(1号)/1964年1月25日(2号)
運用停止年月日:1968年5月24日(1号)、1969年9月7日(2号)大気圏突入により消滅
打ち上げ国名・機関:アメリカ/アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げロケット:ソー/デルタ
打ち上げ場所:ケープカナベラル空軍基地
国際標識番号:1960009A(Echo1)/1964004A(Echo2)

エコー衛星は、プラスティック(マイラー樹脂)薄膜でできた、直径30mにも達する巨大な風船です。フィルムの表面にはアルミニウムが蒸着されていて、地上からの電波を反射できるようになっていました。
鏡と同じように反射するだけのパッシブ(受動)型という単純な仕組みですが、1960年8月12日に打ち上げられたエコー1号は、歴史上はじめて、衛星を用いた音声通信と、TV放送の試験運用に成功しました。
ただし、その3ヵ月前の5月15日におこなわれた最初の打ち上げは失敗に終っており、このため、失敗例をエコー1号とし、軌道に乗ったものをエコー1Aと呼ぶこともあります。
エコー1号(1A号)による宇宙中継の試みは、まず単純な信号の送受信が8月18日にアメリカとフランスの間で成功、8月19日にはアイオワからダラスまでアイゼンハワー大統領の写真が無線伝送され、23日にはニュージャージーからイギリスのジョドレルバンク天文台の無線望遠鏡へ声と音楽が送られ、こののちもさまざまな通信実験がおこなわれました。
また、予想された軌道からのエコー衛星のズレを用いて、天文学者たちは、太陽からの風すなわちイオン粒子からなる太陽風太陽光そのものの圧力を観測することができました。
1964年に打ち上げられたエコー2号は、表面の仕上げや全体の形を改良し、直径も41mと大型化、よりすぐれた反射率の実現をねらったものでしたが、期待どおりの成果は得られませんでした。すでに、宇宙開発の主流は、地上から受け取った電波信号をいったんメモリー・ストア、つまりたくわえた上で再送信するアクティブ(能動)型へと移っていました。
2つの衛星は、計画が終了したのちも、1号が1968年まで、2号が1969年まで軌道にとどまりました。
軌道に浮かんだ球形の鏡でもあるエコー衛星の反射光はきわめて明るく、また、1000〜2000kmと比較的高い高度を飛んでいたため、地球上の広い範囲で観測することができました。このため、1960年代には一般にも、人工の星の代表として有名な存在となっていました。

1.どんな形をして、どんな性能を持っているの?
重量61kg、直径約30mの薄いマイラー・フィルムにアルミニウムを蒸着した巨大気球です。電波をアルミで反射し、地球上の遠く離れたところへと中継することができました。エコー衛星の最初の発射は失敗したため、このあと軌道に乗ったエコー1号は、エコー1A号とも呼ばれています。

2.どんな目的に使用されるの?
通信衛星の実用化に向けた実験的な運用を目的としていました。

3.宇宙でどんなことをし、今はどうなっているの?
実験的とはいえ、電話回線ならびにテレビ番組の宇宙中継を、世界ではじめて実現しました。また太陽風地球の磁気圏など地球周辺の宇宙環境を、その軌道のズレから観測する役割をはたしました。

4.どのように地球を回るの?
近地点高度は966km、遠地点高度は2,157km。軌道の傾きは47.3度、公転周期は117.3分でした。