JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

あやめ2号

シェア

関連情報

分類:人工衛星

名称:実験用静止通信衛星「あやめ2号」/ECS-b(Experimental Communications Satellite-b)
小分類:通信放送衛星
開発機関・会社:宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
運用機関・会社:宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
運用停止年月日:1980(昭和55)年2月25日
打ち上げ年月日:1980(昭和55)年2月22日
打ち上げ国名・機関:日本/宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
打ち上げロケット:N(F)(N-I)
打ち上げ場所:種子島宇宙センター(TNSC)
国際標識番号:1984081A

実験用静止通信衛星「あやめ2号」は、ミリ波による通信実験、通信衛星の打ち上げ技術の確立などを目的として打ち上げられました。予定のトランスファ軌道に投入されましたが、アポジモーターの不具合によってミッションの達成はできませんでした。
衛星はスピン安定方式で姿勢を制御し、設計寿命は1年でした。

1.どんな形をして、どんな性能を持っているの?
直径約141cm、高さ約95cmの円筒形で、上面にアンテナが取り付けられています。重量は130kgです。
準ミリ波(35/31ギガヘルツ・予備なし)と、マイクロ波(6/4ギガヘルツ・予備なし)を各1チャンネル持った、通信中継器を搭載していました。

2.どんな目的に使用されるの?
あやめ2号」は、静止衛星の打ち上げ技術・追跡管制技術・姿勢制御技術の確立、ミリ波等周波数帯の通信実験および電波伝播特性の調査を目的に開発されました。

3.宇宙でどんなことをし、今はどうなっているの?
予定のトランスファ軌道に投入されましたが、2月25日にアポジモーター点火のコマンドを送信したところ、衛星からの通信が途絶しました。アポジモーターの異常燃焼が原因になって衛星が破損し、電波の途絶に至ったと考えられます。

4.このほかに、同じシリーズでどんな機種があるの?
あやめ」(ECS)があります。

5.どのように地球を回るの?
高度約36,000km、傾斜角0度、周期約24時間、東経145度の静止衛星軌道です。

※参考文献:大林辰蔵・監修「日本の宇宙科学1952→2001」(東京書籍)、斎藤成文・著「日本宇宙開発物語」(三田出版会)