JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

電磁波の種類

シェア

関連情報

いろいろな光

物質からは色々な種類の光や放射が出ています。それら全部をまとめて「電磁波(でんじは)」と呼んでいます。電磁波の中で私たち人間の目で見ることのできる光を「可視光線(かしこうせん)」と呼びますが、上の図を見て分かるとおり、電磁波全体からすると非常に狭い範囲でしかありません。

電磁波の種類はどうやって分けているのでしょうか?

電磁波には「波」の性質があって、波の山と山の間の長さ、「波長(はちょう)」で性質が変わり、また呼び方が変わります。可視光線の波長は0.5μm(マイクロメートル、1μmは1,000分の1mm)前後ですが、赤外線は可視光線より少し波長が長い電磁波、反対に紫外線は可視光線より少し波長が短い電磁波です。
波長が長いほど、波の持つエネルギーが低くなります。これは、温度の低い物体でも波長の長い電磁波を発することができるということを意味しています。例えば宇宙空間でガスや塵(ちり)が集まっている場所は絶対温度10度(摂氏マイナス263度)前後と非常に低温なので、可視光線を発することができませんが、より波長の長い電波を放射しています。反対に、波長が短いX線は、エネルギーの高い高温の物質から出されます。ブラックホールのまわりの高温領域などを見るのには、X線が適しています。一般に物質は温度やエネルギーの状態によって違う種類の電磁波を出しています。また、星の誕生や超新星爆発など、起こっている現象によっても、発生する電磁波の種類が異なってきます。波長を変えて宇宙を見ると、異なる宇宙の姿が観測できるというわけです。