JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

国産ロケットへのあゆみ(1)

シェア

関連情報

N-Iロケット」は、日本ロケット開発の大きな転回点

アメリカからデルタロケットの技術導入が決まり、新たにN計画の改定案が立案されました。導入技術と国産技術を高度に融合した、新N計画の第1世代ロケットN-I」の開発がはじまりました。N-Iは3段からなり、第1段の液体ロケットと第3段の固体ロケットはアメリカから技術導入して作られましたが、第2段にはQロケットの開発成果を生かした国産の液体ロケットが採用されています。こうして、全長32.6m、最大直径2.4m、総重量約90tという、わが国初の大型ロケットN−Iロケットは、1975年9月9日、第1号機が打ち上げられたのです。初号機には技術試験衛星I型(ETS-I)「きく」が搭載されました。また、1977年、N-Iロケット3号機で打ち上げられたETS-IIは軌道投入後「きく2号」と命名され、わが国初の静止衛星となりました。このとき日本は、世界で3番目の静止衛星打ち上げ国となったのです。

N-Iロケット1号機
N-Iロケット1号機

350kgの衛星搭載能力をもつ「N-IIロケット

1975年以降、100kg級の通信衛星、技術試験衛星が、N-Iロケットによって打ち上げられました。しかし当時、宇宙技術の先進国では300kg以上の静止衛星が主力で、N-Iの打ち上げ能力は130kgが限界でした。日本は次型機N-IIロケット開発の必要性に直面し、結局、これをN-I同様アメリカの技術導入により乗り切ることになりました。完成したN-IIロケットは、全長35.4m、高度36,000kmの静止衛星軌道に350kgの衛星を投入する能力をもつ3段式ロケットです。1981年2月11日、技術試験衛星IV型「きく3号」を積んだ1号機が、種子島宇宙センターから打ち上げられました。以来、6年にわたり、計8回の打ち上げすべてに成功し、絶大な信頼性を誇るロケットとなりました。

N-IIロケット1号機
N-IIロケット1号機

世界に比肩する「H-Iロケット」の自主開発技術

海外からの技術導入には機密制約があり、N-IN-IIにおいては完成品の部品などを輸入したりしていました。そのためN-IIロケット打ち上げの前後から、将来は純国産技術のロケット開発をめざそうとの声が高まりました。H-Iは、そうした声を受けて開発されたロケットで、全3段のうち、アメリカの技術に頼ったのは第1段の補助ブースタと衛星を囲うフェアリングのみ。それ以外は国産技術によって開発されました。ロケット第2段の液体酸素・液体水素を推進剤とするLE-5エンジンは、いったん燃焼を停止したのち、無重力空間で再着火するという高度な技術をもっています。また緻密さを要求される管制誘導装置も自前の技術で完成させたものでした。H-Iは、1986年8月13日に第1号機が打ち上げられて以来、5年半にわたって活躍し、通信衛星「さくら3号」(CS-3)、気象衛星「ひまわり4号」(GMS-4)、地球資源衛星「ふよう1号」(JERS-1)など10以上の衛星や実験用ペイロードを宇宙に打ち上げました。

H-Iロケット1号機
H-Iロケット1号機