JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

東部宇宙・ミサイルセンター

シェア

関連情報

米国最大の射場が東部宇宙・ミサイルセンターです。NASAケネディ宇宙センターとケープ・カナベラル空軍基地があります。
米国フロリダ州メリット島にあり、位置はケネディ宇宙センターが北緯28度36分、西経80度36分。ケープ・カナベラル空軍基地が北緯28度26分、西経80度33分です。面積は404km2。管理・運営はアメリカ航空宇宙局(NASA)とアメリカ空軍が行っています。
主要打ち上げロケットは、ケネディ宇宙センターからはスペースシャトル、ケープ・カナベラル空軍基地からはデルタ、アトラスタイタンなどの無人ロケットの打ち上げが行われています。軍事衛星のほか、NASAの探査機が打ち上げられています。日本の商用 衛星もここから打ち上げられたことがあります。2005年末までのロケット打ち上げ回数は690回となっています。

スペースシャトルの打ち上げ(NASAケネディ宇宙センター)
スペースシャトルの打ち上げ(NASAケネディ宇宙センター)

NASAケネディ宇宙センタースペースシャトルの打ち上げが行われるのはセンターの北東側、太平洋に面した発射台39Aと39Bです。また、打ち上げ管制センター(LCC)や宇宙船組み立て工場(VAB)を含む地域はLC(打ち上げコンプレックス)39と呼ばれています。
長さ約4,500m、幅約90mの着陸用滑走路があり、スペースシャトルが着陸します。着陸したオービタは再飛行に備えるために整備・点検を行う整備工場(OPF)で次の飛行の準備を行います。
ケネディ宇宙センターの一部は一般観光者に公開されていて、フロリダ州の観光スポットにもなっています。北隣は国立の保全地で、ワニなどの野生動物が生息する姿が見られます。