JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

イータカリーナ星雲

シェア

関連情報

銀河系でもっとも明るいイータカリーナ 150年前の爆発で星雲が発生

イータカリーナ星雲は、南十字星の近くのりゅうこつ座にある散光星雲です。りゅうこつ座は、日本では地平線上すれすれに、その一部しか見えないので、あまりなじみがありませんが、南半球では頭上高くに位置し、いくつかの散光星雲や散開星雲(NGC2516、NGC3532など)を見ることができます。
イータカリーナ星雲の中心部には、銀河系でもっとも明るい恒星であるイータカリーナが輝いています。この星は150年前に大爆発を起こし、大量のガスやチリを放出し始めました。しかし超新星爆発のような星そのものの崩壊はまぬがれたため、恒星としての輝きを保ち続け、拡散する星雲をうつしだしています。

激しい勢いで膨張し続けるイータカリーナの星雲
激しい勢いで膨張し続けるイータカリーナの星雲

明るさは時代によって不規則に変化将来は超新星爆発の可能性も

イータカリーナの明るさは、不思議なことに、その時々によって不規則に変化してきました。ハレー彗星でおなじみのエドモンド・ハレーは、1677年に4等星と記録し、その後1800年代には1等星から‐0.8等星まで明るくなって、現在は7等星ほどになっています。
星雲は、時速200万km以上の速度で放射状に膨張を続けており、将来この星は超新星爆発を起こすのではないかと考えられています。ただし、激しい勢いで大量の物質を放出しているため、この状態はそう長くは続かないだろうとみられています。