JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

きく4号

シェア

関連情報

分類:人工衛星

名称:技術試験衛星III型「きく4号」/Engineering Test Satellite-III(ETS-III)
小分類:技術開発・試験衛星
開発機関・会社:宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
運用機関・会社:宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
打ち上げ年月日:1982年9月3日
運用停止年月日:1985年3月8日
打ち上げ国名・機関:日本/宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
打ち上げロケット:N-I
打ち上げ場所:種子島宇宙センター(TNSC)
国際表記番号:1982087A

きく4号は、日本初の国産技術を主とした三軸姿勢制御型の衛星です。きく4号は、増大する人工衛星の電力需要にこたえるために、三軸姿勢制御・太陽電池パドルの展開、能動式熱制御などの技術試験・確認を目的としています。
きく4号は、三軸姿勢制御方式(ゼロモーメンタム)で姿勢を制御し、設計寿命1年(ミッション期間)でした。
技術試験衛星III型なのに「きく4号」と呼ばれているのは、前年に打ち上げられた技術試験衛星IV型が、すでに「きく3号」と命名されているためです。

1.どんな形をして、どんな性能を持っているの?
約85cm x 85cm x 195cmの展開型太陽電池パドルを有する箱型で、重量は約385kgです。
ビジコンカメラ、能動式熱制御装置、イオンエンジン装置、磁気姿勢制御装置を搭載しています。

2.どんな目的に使用されるの?
三軸姿勢制御機能の確認、太陽電池パドル展開機能の確認、能動式熱制御機能の確認、イオンエンジン装置の動作テスト、搭載実験機器の宇宙環境下での機能試験に使用されました。

3.宇宙でどんなことをし、今はどうなっているの?
打ち上げ後、約70日間の初期段階において、基本機器と搭載実験器が性能を発揮しているのを確認。その後、定常段階に移行して搭載実験器の実験を実施しました。1983年9月2日に後期利用段階に入ったあとも実験を継続し、軌道制御をしてほぼ円軌道に軌道修正しました。1985年3月8日に姿勢制御燃料が枯渇したため、運用を終了しました。

4.このほかに、同じシリーズでどんな機種があるの?
きくきく2号きく3号きく5号きく6号きく7号(おりひめ・ひこぼし)、きく8号があります。

5.どのように地球を回るの?
高度約1,000km、傾斜角45度、周期約107分の円軌道です。