JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

きく5号

シェア

関連情報

分類:人工衛星

名称:技術試験衛星V型「きく5号」/ETS-V(Engineering Test SatelliteーV)
小分類:技術開発・試験衛星
開発機関・会社:宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))/郵政省通信総合研究所(CRL)/運輸省電子航法研究所(ENRI)
運用機関・会社:宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))/郵政省通信総合研究所(CRL)/運輸省電子航法研究所(ENRI)
打ち上げ年月日:1987年8月27日
運用停止年月日:1997年9月12日
打ち上げ国名・機関:日本/宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
打ち上げロケット:H-I
打ち上げ場所:種子島宇宙センター(TNSC)
国際表記番号:1987070A

きく5号は、H-Iロケットの性能確認や、「静止三軸衛星バスの基盤技術の確立」、将来の「大型静止衛星の開発」に必要な技術の習得、そして船舶の通信・航空援助・捜索救難のための「移動体通信実験」などを目的に開発されました。移動体通信実験とは船舶・航空畿自動車などの移動体へ衛星を利用して通信をおこなう、通信システムの研究開発を目的におこなわれるものです。従来の無線による移動体への通信手段は、有効範囲や品質・情報量の点で満足できるものではありませんでした。しかし衛星通信システムにより、これらの欠点の改善を目指しました。

1.どんな形をして、どんな性能を持っているの?
展開型の太陽電池パドルを持つ箱型をしています。大きさは、本体部が約1.4m×1.67m×1.74mで、翼のような太陽電池パドルとアンテナなどを広げると、南北方向約9.7m×地球方向約3.5mの大きさになります。重量は約1,096kg(打ち上げ時)/静止衛星軌道上初期約550kgとなっています。
姿勢制御方式は、「三軸姿勢制御方式」を採用しています。
きく5号には、宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))が郵政省通信総合研究所、運輸省電子航法研究所と協力して開発した「移動体通信実験器(AMEX)」を搭載しています。AMEXでは、衛星と海岸/航空地球局との間をCバンド(上り6GHz、下り5GHz)、衛星と移動体との間をLバンド(上り1.6GHz、下り1.5GHz)の電波を使ってやりとりします。またLバンドアンテナはふたつのビームを持ち、Nビームは「日本全土を含む北太平洋域」、Sビームは「南太平洋域」をカバーします。

2.どんな目的に使用されるの?

実験システム前述のように、打ち上げロケットであるH-Iロケットの性能確認や、船舶の通信・航空援助・捜索救難のための移動体通信実験のほか、航空機の太平洋域での洋上管制、初の国内開発品であるアポジモーターの性能確認などに利用されています。

3.宇宙でどんなことをし、今はどうなっているの?
初期段階の追跡管制、衛星機能確認試験を経て、1987年11月末以降、本格運用となり、1989年3月31日、打ち上げ後、約1年半の定常段階を終了しました。しかし、きく5号の移動体通信実験機器(AMEX)は、その後も静止軌道上でCバンド、Lバンド帯回線を用いて、地上の基地局と航空畿船舶などの移動体との通信や移動体同士の通信を中継する機能を持ち、実験がおこなわれていました。1997年12月、運用を終了しました。

4.このほかに、同じシリーズでどんな機種があるの?
きくきく2号きく3号きく4号きく6号きく7号(おりひめ・ひこぼし)、きく8号があります。

5.どのように地球を回るの?
高度約3万6,000km、傾斜角0度、東経150度の静止衛星軌道です。